• > 
  • 水道水利用型とボトル型の違い

水道水利用型とボトル型の違い

水道水利用型とボトル型ウォーターサーバーの大きな違い

前述でも説明してきましたが、水道水利用型とボトル型の大きな違いは、お水の出どころになります。簡単に説明すると、水道水利用型は自宅の水道水を濾過して利用するタイプ、ボトル型は既に工場等で濾過した水をボトルに入れて、自宅まで配送してもらうタイプです。どちらも水の効能や成分濃度などには大きな違いはありませんが、利用者がどちらのウォーターサーバーを便利に感じるか、自分の生活パターンを見直して選択するといいでしょう。水道水利用型の場合は、自分の好きな時にいくらでも安全なお水が使えますし、コストを抑えることができますが、事前に水道とサーバーを繋げる工事が必要です。ボトル型も玄関まで配送してもらえるので便利ですが、急な残業で配達時間に自宅に帰れず受け取れなかった、なんて声もよく聞きます。

水道水利用型で注意したいこと

では、今のご自身の生活パターンと比較して、自分は水道水利用型か、ボトル型かを考えてみましょう。まず、水道水利用型は前述の通り事前工事が必要です。そんなに大がかりな工事ではないので比較的簡単に済みますが、賃貸住宅の場合は工事がNGの場合もあるので事前に大家さんへの確認が必須になります。また、持ち家でも壁に穴を開けることに抵抗がある方は、水道水利用型のウォーターサーバーを利用するのは向いていないと思います。確かにコスト面や手間の多さで言ったらボトルタイプより手軽ではありますが、事前工事があることを含めて考えていただければと思います。次にボトル型ウォーターサーバーを利用する前の注意事項を何点か挙げたいと思います。

ボトル型ウォーターサーバー利用時の注意事項

ボトル型ウォーターサーバーを利用するに当たって、何点か注意しておく必要があります。まず、水道水利用型と一番大きな違いである、お水の配送です。サーバーの上にボトルが直接刺さっているタイプがほとんどですが、ボトルのお水がなくなれば新たに注文しなければいけません。注文自体は何も難しくはなく、電話やメールなどで簡単に済む方法がほとんです。しかし、当日に来てくれるところはほぼないので、少し早めの注文が必要なことと、配達時間には必ず家で待機していなければいけないという手間が発生します。仕事をされてる方であれば急な仕事で帰宅できないこともありますし、小さいお子さんがいる方であれば、やっと寝付いたのに業者が来て起きてしまった、なんてこともあります。このように自身の生活タイプに合わせる必要があるのです。次からそれぞれのメリットとデメリットについて説明したいと思います。

この記事をシェアする