• > 
  • 水道水利用型のメリット、デメリット

水道水利用型のメリット、デメリット

水道水利用型ウォーターサーバーのメリット

水道水からの直結型ウォーターサーバーの一番のメリットは、やはりコストの面が挙げられると思います。ボトル型に発生する水の購入代金が、通常の水道代になるので大幅な節約が可能です。最初の工事などに掛かる初期費用はあるものの、トータル的に見ても水道水利用型ウォーターサーバーの方が断然安く抑えられます。そして、ウォーターサーバーを使うことで、水道水に含まれる塩素を濾過できることも大きなメリットです。この塩素は、例えば野菜などを洗った時に野菜に含まれるビタミンを破壊してしまう恐れがあるのです。サーバーを経由したお水で洗えば、野菜本来の成分をそのままに汚れだけを落とし、生でも安全な野菜を摂取することができます。

水道水利用型ウォーターサーバーのデメリット

逆に、水道水を使ったウォーターサーバーにはデメリットもあるのでしょうか。まず第一に挙げられることが、塩素を除去してしまう点です。先程のメリットにも塩素除去を挙げたので不思議に思う方もいるかもしれません。塩素には良い面もあり、空気中の雑菌から守ってくれる効果があります。それを除去することにより、サーバーを経由したお水の長期保存は不可能になってしまうのです。ですので、利用する際はその点を含めて、お水はその都度サーバーの蛇口から使用するようにすれば問題はありません。また、定期的なサーバーのメンテナンスも必要になってきます。面倒がっておろそかにしてしまう方もいるかもしれませんが、それではせっかくのお水の効果が薄れてしまい、ただの水道水を使用しているのと変わらなくなってしまいます。それではサーバーを設置した意味がなくなってしまいますので、メンテナンスは必ず行うようにしましょう。

デメリットも踏まえて正しく使おう

水道水直結型ウォーターサーバーのデメリットは、長期保存が効かないこと、メンテナンスをおろそかにしがちなこと、この2点くらいです。この2点を守って正しく使用すれば、様々な手間が省ける上に低コストでいつでも安全なお水が使えます。最近では水素分子を含んだ水が人気で、単純に濾過するだけでなく、水素を含ませたサーバーを設置することも可能となっています。また、水道水に含まれる放射性物質を除去できるタイプのサーバーを出しているメーカーもあり、小さいお子さんがいる家庭などで特に人気が出ています。比較的、日本の水道水は安全だと言われていますが、最近の健康ブームやダイエットブームなどから、より安全で身体にいいお水が求められている時代です。自分に合ったお水選びが大事になってきています。

この記事をシェアする