• > 
  • 一人暮らしでウォーターサーバーを購入する際の問題点

一人暮らしでウォーターサーバーを購入する際の問題点

ウォーターサーバーは安全でおいしい水が手軽に飲めるとあって、多くの職場や家庭で利用されています。中には一人暮らしだけどウォーターサーバーを利用したいと考えている方もいらっしゃるでしょう。

ここでは一人暮らしで利用するウォーターサーバーを選ぶ時のポイントからメリット・デメリットまでお話していきますので、ウォーターサーバーを活用して便利な生活を送りたいと考えている方はぜひこれから述べていく内容を参考にしてみて下さい。

一人暮らしでウォーターサーバーを使うなら工夫が必要

一人暮らしの方がウォーターサーバーを使用するとなると、いくつか問題点が出てきます。これからウォーターサーバーを使う時に発生しがちな問題点についてお話しますので、購入を考えている方はこれから説明する内容をぜひ参考にしてみて下さい。

まずは費用面についてです。サーバー本体の値段はおよそ2〜3万円の商品が多くなっています。安いものでも1万円前後と気軽に購入できる値段ではないので、サーバーの機能も考慮して検討することが大切であると言えるでしょう。

加えてレンタルであればメーカーに任せられるサーバーのメンテナンスや修理も保証期間外の場合自己負担で行う必要があります。サーバーごとに決められた手入れ方法を覚えておくようにしましょう。

そして処分に関してもサーバー本体は粗大ゴミとして扱われるため、自己負担による処分となります。このように便利な反面使用の上で手間がかかることが多いので、本当にウォーターサーバーが自分の生活に必要なものかどうかよく考えた上で購入しましょう。

サーバー購入によって得られるメリットとは

ウォーターサーバーの本体を購入した場合管理の手間がかかるといった問題点がある分、自分に合ったペースで使用できるといったメリットもあります。レンタルサーバーを利用するとなるとメーカーごとに決められている水の購入ノルマを毎月達成したり、毎月の使用料や解約料などといった諸費用の支払いをする必要があります。

ですがサーバー本体を購入すればこれらの制約や毎月の使用料を気にしなくてもよくなります。このように制約や毎月の諸費用がレンタルと比べて少ないといった点は、一人暮らしの方にとって大きなメリットとなります。

そして飲み水についてですが、レンタルサーバーはメーカーが指定している水しか選べないといった点に対して、購入するサーバーの場合ですと商品によってはペットボトルの水や水道水など好きな水を自由に飲むこともできます。

このため選択する飲み水次第では、毎月の水代を節約することも可能になります。また水の購入についても宅配で受け取る必要がないため、多忙で配達される荷物をなかなか受け取れないという方でも安心です。

自分に合ったウォーターサーバーを選ぶコツ

いざウォーターサーバーを選ぶとなるとデザインや値段にばかり目が行きがちですが、長期間使っていくためにも先ほど挙げた問題点を踏まえた上で自分の使用目的やライフスタイルに見合った商品を選ぶことが大切です。

特にメンテナンスや修理で保証が適用されるかどうかが重要になるので、実際に購入する前に欲しいサーバーのサポート内容には目を通しておきましょう。特に無料で交換や修理が可能な保証期間、購入後のアフターフォローの内容、メンテナンスの際かかる費用については必ず確認したいところです。

加えてどんな機能がついているサーバーが良いのかどうかも決めておくと検討がスムーズに進みます。主に温水と冷水にする機能だけといったシンプルなものや浄水機能も備わっているもの、稼働時の音が静かな静音設定になっているものなどが挙げられます。目当ての機能があるウォーターサーバーを選べば、生活していく上で使用する水がより便利なものになるでしょう。

この記事をシェアする