• > 
  • 育児中のママが知っておきたい、ウォーターサーバーの前知識

育児中のママが知っておきたい、ウォーターサーバーの前知識

妊娠を経てママになると、生活が一変しますよね。子どもの口に入るものすべてを気にするようになりますし、育児の忙しさは尋常ではありません。そんな母親としての生活の中で、ご家庭にウォーターサーバーの設置を検討する価値は十分ありますよ。水道水よりも安全でクリーンな水を使えるようになりますし、育児の手間も想像以上に解消されます。育児中のママだからこそ知っておきたい、ウォーターサーバーの基礎知識についてご紹介します。

育児にウォーターサーバーがあったら本当に便利?

育児中にウォーターサーバーを活用することで便利な点は、安心と時間節約といえます。各社それぞれの技術で安全を保証し、水道管についているような雑菌や塵が入っていないクリーンな水は、安心してお子さんの口にいれられます。乳児のミルクは、水道水よりもミネラルウォーターでつくる方が良いので、ウォーターサーバーがあれば、赤ちゃんのミルクも、速く、安全につくってあげることができます。

また、小さなお子さんがいるご家庭では、子どもたち自身で冷水を飲むことができると、ママの手間が省けます。小さい頃からおいしい水を飲んでいると、冷たい飲み物がほしいときにジュースや炭酸飲料は自然と飲もうとしなくなる可能性が高いです。お湯をわかしたり、冷水をつくったりという、何気ないけれども負担である家事の手間を大きく減らして、赤ちゃんや子どもにより安全でおいしい水をあげられるのがウォーターサーバーの便利なところといえるでしょう。

子育て中の家庭におすすめのウォーターサーバーはどれ?

ウォーターサーバーを選ぶときの、育児中に気になるポイントごとにおすすめのウォーターサーバーをご紹介します。
採水地をじっくり選びたい方は、様々な種類の水を取りそろえたサーバーが良いでしょう。メーカーの中には、西日本を水を中心に安全な天然水をとりそろえているところがあります。市販のミネラルウォーターを選ぶ感覚で選択できるのが魅力です。

また、育児中に気になるのは家計ですよね。ウォーターサーバーは、いつでも新鮮な水を蓄えておけるのが特徴ですが、絶えずサーバーを動かすのにはかなりの電気を使います。子どもにしっかり水分を摂らせたいからこそ、電気代が気になりますね。電気代を節約したいのであれば、省エネタイプのサーバーがおすすめです。従来のサーバーと比べて大幅に電力が削減されます。さらに、サーバーのレンタル料が無料なところもあるので、電気代をおさえたいママにおすすめです。

ウォーターサーバー導入前にチェックすべきこと

育児中のママがウォーターサーバーを検討するときには、子どもの安全性を守れるかをチェックしましょう。
まずは、必ずチャイルドロックがしっかりとついているものを選ぶ必要があります。子どもが誤ってお湯をだしてしまって火傷をすることのないように、簡単に子どもが解除できないようなロックかどうか確認しましょう。育ち盛りの子どもは、何でも触っていじりたくなりますから、簡単には解除できないロックが必要です。また、立ち始めた頃の年だと、ちょうどロック部分につかまって立とうとすることもあるので、十分注意しましょう。
そして、もうひとつ重要なのはサーバーが転倒しないかどうかです。サーバーは上にのせてあることが多いうえに、重くて不安定なので、地震の際に転倒する可能性が高いです。サーバーが子どもの頭に落ちてきたら大変なので、転倒しないように壁にしっかり固定できるものを選ぶと良いでしょう。最近は、サーバーを下に配置したモデルもあるので、転倒する危険性が低く、女性でもサーバーを替えやすいです。

まとめ

ウォーターサーバーは、育児中のママにこそ考えてもらいたい商品です。赤ちゃんや小さい子どもの安全に気遣いながら、家事の手間も大きく減らせるウォーターサーバーの設置をぜひ検討してみてください。

この記事をシェアする