• > 
  • 水道水に直結するウォーターサーバーはいつ飲むのがベストか

水道水に直結するウォーターサーバーはいつ飲むのがベストか

水道水に繋げるウォーターサーバーは、その名の通り水道の蛇口と直結しており、ろ過された水道水を使うサーバーです。安全性が高いと言われている水道水なのに、なぜろ過する必要があるのでしょうか。それはやはり危険因子が何かしら含まれていることを、無意識に知っているからだと思います。

水道水にはどんな危険があるのか、あるとすれば、いつろ過した水を飲むのがベストなのか、などを調べていきましょう。

水道水に含まれる危険性とは?

日常生活に欠かせない水道水ですが、水がどういうルートで届けられているのか、知っている方は少ないと思います。一般的な流れとしては、その地域の最寄の川などから、貯水池を経由して浄水場へ、そこから地下を通る配水管や給水管を経由して水道水として蛇口から流れ出す、というものです。

日本の水道水は消毒することが義務付けられています。雑菌などを減らし、より安全な水を届けるためです。水道水がカルキ臭いのは消毒が原因です。しかし、せっかく消毒された水でも、長年使用されてきた配水管を通れば、汚れやサビなどが含まれてしまい、結果として配水管で汚染された水が水道から出ていることになります。

配水管はあらゆる地域に張り巡らせていますが、ウォーターサーバーとは違い、使用してきた年月や頻度によってはかなりのサビ付きや汚れを蓄積しているものもあるのです。

水道水の危険と戦うウォーターサーバー

水道水が危険だと言われている原因は、その配水管にあります。また、マンションなどの集合住宅にある給水タンクなども同様の危険を含んでいます。ですので、水道水はそのまま飲むのではなく、ウォーターサーバーなどで一度ろ過させることで、より安全性が増して飲みやすくなるというわけです。

水道水に含まれる危険性と、ウォーターサーバーの必要性については理解いただけたと思います。では、飲用するのにベストなタイミングはあるのでしょうか。水道水を流し続けない限り、水は配水管や給水管、給水タンクで溜まっている状態になるわけですが、水がそれらに留まることで何か支障は出てくるのでしょうか。

やはり、サビなどが多い場所に長く留まった分だけ、その水の価値は下がり危険因子は多くなります。

朝一番に出した水道水は良くない?

ウォーターサーバーの種類は数多くありますが、最新のものなどはろ過性能がかなり高くなっています。水道水に含まれる塩素やカルキ臭、サビ、不純物などを取り除いてくれます。このタイプのサーバーであれば、水道水に含まれる危険因子をほとんど取り払ってくれるので、タイミングなどは気にせずにいつでも飲用することが可能です。

しかし、少しでも安全性を求めるのであれば、朝一番の水道水ではなく、しばらく流し続けた後の水を飲用した方が精神的にも安心して飲めるかもしれません。通常、自宅に届けられる水道水は上水と下水に分かれており、飲用できる水道水は上水道と呼ばれています。

食器の洗いものなどで上水道をたっぷり使った後などであれば、より一層キレイな水として飲用できるのではないでしょうか。

日本の水道水は極めて安全ではありますが、消毒による塩素やカルキ臭、浄化しきれなかった不純物に配水管のサビなどが影響し100%安全な水だとは言えません。そこで蛇口にろ過機能の付いているウォーターサーバーを設置することによって安全、安心な水へと変えて飲用することができる、というのが今の日本の水道水とウォーターサーバーの関係性です。

サーバーのメンテナンスを怠っていなければ、いつでもキレイで安心できる水が飲めるのです。飲用するのに一番ベストなタイミングは、強いて言うなら先程の上水道を使ってある程度流れを良くした後がいいと思いますが、そこまで神経質になる必要はないので好きなタイミングで飲用していただくのが一番だと思います。

この記事をシェアする