• > 
  • 浄水器VSウォーターサーバー!あらゆる視点から徹底比較

浄水器VSウォーターサーバー!あらゆる視点から徹底比較

ウォーターサーバーのメリットとしては、お湯と水が使い分けられるので、手軽に温度調節ができるということ、天然水が家庭で楽しめるといった点です。浄水器のメリットは、備え付けのタイプがほとんどですので、場所をとらないことや、フィルターが長く持ちますので維持費にそこまで費用がかからないことなどがあげられます。

それぞれにメリットもあればデメリットもありますので、デメリット面もきちんと理解した上で、自分の家庭にはどちらがあっているかを考えることが必要です。

ウォーターサーバーと浄水器の比較

コストの面から比較

浄水器とは、水道水をろ過してきれいにするものです。水道水なので、購入する必要がなく、コストがおさえられます。浄水器本体の価格は、数千円の安いものから、10万円以上の高額なものまであります。水道の蛇口に取り付けて使うものが、安く手軽に使えます。設置するタイプのものだと、高値になります。ろ過するカートリッジは、定期的に交換する必要があります。蛇口取り付け方だと、数ヶ月に一回、数千円、置き型だと半年から一年に一回数万円が相場です。

ウォーターサーバーの場合は、サーバーを購入するとなると数万円かかりますが、レンタルの場合だとレンタル料は無料の場合が多いです。しかし、水の料金と電気代がかかります。毎月数千円かかることになります。比較すると、浄水器は物によっては初期費用が高くなりますが、日々にかかる費用としては、安くおさえられます。

衛生面で比較

浄水器の水とウォーターサーバーの水を衛生面で比較してみます。浄水器の水は、もともとは水道水の水です。浄水器でろ過をするので、不要な化合物を取り除くことはできます。しかし、もとは川などの水であるので、地下水と比較すると衛生的とは言えないでしょう。

また浄水器は、カートリッジで化合物などを除去します。したがって、浄水器の中のカートリッジの中に汚れがたまっていくことになります。定期的にカートリッジを交換することを怠らなければ大丈夫なのですが、汚れがたまりすぎると、除去する働きが弱くなってしまうことがあります。さらに、汚れがたまりあふれてしまいます。そうならないためには、定期的にカートリッジを交換する必要があります。

ウォーターサーバーの水は、地下水を汲みこんだ天然水やミネラルウォーターなどです。雑菌の繁殖防止のために空気を無菌化するフィルターを取り付けているウォーターサーバーが主流で、使い捨てボトルタイプを使えば、ボトル内はいつも清潔に保たれます。サーバーのメンテナンスも、業者が分解して洗浄、また交換を行うため衛生面でいうとウォーターサーバのほうが優れていると言えます。

水の品質から比較

浄水器は、水道水の水をきれいにして使うものです。そのため、水に入っているとうれしいミネラルなどの成分を増やすことはできません。日々使う水を少しでもきれいにして使いたいという場合には、水道水を浄水したものでも十分かもしれません。

飲み水としては、ウォーターサーバーの水のほうがよいでしょう。ミネラルやバナジウムなどを含んでいるミネラルウォーターや天然水など、健康や美容にによい成分が含まれています。きれいで、さらに味もおいしい水を使うことができます。したがって、水の品質としては、ウォーターサーバーの水のほうがよいと言えるでしょう。

ウォーターサーバーだと、メーカーによって、提供している水の種類が異なるので、自分好みの成分が入っているものを選ぶことができます。水質についても比較検討することができます。水質にこだわりたいのであれば、ウォーターサーバーを選ぶのがよいでしょう。

自宅に取り入れるなら、どちらを取り入れるべき?

自宅に取り入れる場合、ウォーターサーバーと浄水器ではどちらのほうが合っているのか、悩むところだと思います。維持費の面で考えても、ウォーターサーバーはレンタル料やボトル料がかかり、浄水器は浄水するためのフィルターを変えていく必要があります。

ウォーターサーバーの利点としては、お湯と水が使い分けられるサーバーであること、特に赤ちゃんのミルクを作る際に温度調節がしやすいという点があります。浄水器の利点としては、場所をとらずに比較的手軽に浄水を楽しむことができること、ボトルを毎月頼む必要がないという点において、サーバーよりは毎月の手間が少ないという点が利点にあげられます。

家庭の水の使用状況や、使う量、場所など、多方面からどちらを使うほうがメリットが大きいかを考えていく必要があります。

ウォーターサーバーのメリットとデメリットを理解したうえで設置しよう

メリットがある一方で、当然デメリットも出てきます。メリットばかりではなく、デメリットも知っておくことで、ウォーターサーバーを導入するにあたっての心構えを作ることができます。

ウォーターサーバーを導入することによるメリットは、お湯と水の使い分けが出来るので水をわざわざ沸騰させる必要がなくなります。また、ボトルで配達してくれますので、忙しい主婦にとっては水を買いに行く手間がなくなりという利点もあります。

一方デメリットとしては、維持費がそれなりにかかるということです。毎月のボトル代に電気代や場合によってはメンテナンス料がかかることがあります。サーバーを導入することによって、なかなかやめにくいという点もときにはデメリットとして考えられますので、家庭の状況と合わせて慎重に決める必要があります。

まとめ

ウォーターサーバーと浄水器、どちらも良い面があれば悪い面がありますので、知識として比較しておくことはとても大切なことになります。安全性が高くおいしい水を提供してくれる方法としてどちらも有効ですが、当然家庭によって合う点と合わない点が出てきます。導入してから「こんなはずじゃなかった」となったとしてもなかなか別の方法に切り替えることは難しくなってしまいます。自分の家族構成や使う水の量や目的などを考えた上で、より条件に合うほうを選ぶことが、賢い買い物の仕方だと言えます。

この記事をシェアする