• > 
  • 愛用者に学ぶ、ウォーターサーバーに変えてよかったこと

愛用者に学ぶ、ウォーターサーバーに変えてよかったこと

乳幼児期の子育てには、ミルクから消毒までとにかくお湯が必要になることが多いものです。その都度沸かしていると、手間も時間もかかって、なにより子育ても同時進行なのですから時間がありません。すぐに使えて、しかも子供の身体に影響を及ぼす不純物まで除かれているウォーターサーバーは魅力的でしたが、ふんぎりがつかず我が家に取り入れるかを決めかねていました。友人の勧めで契約してみたところ、もっと早く使っておけば良かったと思うことばかりです。

沸かす必要なく、すぐにお湯が出る

ウォーターサーバーは、当然のことながらお湯もでます。わざわざ使用の都度に沸かす必要がないのです。ここが一番魅力的でした。子供はなんでも口に入れたがります。だからといって消毒液の入ったもので拭うと、その消毒液が子供の口に入ってしまうのではないかという不安がありました。そのため、我が家では子供の遊び道具なども熱湯消毒していました。毎晩、お湯を沸かすのは子育ての合間に大変でした。ウォーターサーバーに変えてから、お湯を沸かすという手間が省け、すぐに熱湯消毒することができます。だから寝ている間に乾燥させておけば、朝にはすぐ使えて、毎日消毒できています。もちろんミルクを作るにもすぐに安心なお湯が使えるので、子育てが楽になったと感じることばかりです。

ミネラルウォーターを購入する手間が省ける

水道水が通る配管が老朽化しているというニュースを見て以来、口にするのが怖くなり、市販のミネラルウォーターを使用していました。しかし毎回、買い物の際に大きなペットボトルを購入していましたが、重くて運ぶのが大変でした。更に、夏場はそんな重たいミネラルウォーターを自宅まで運ぶので、家につく頃には両手がパンパンになっているし、疲れてふらふらになっていたりしました。先日、友人の家に遊びに行ったところ、そのお宅ではウォーターサーバーを利用しているのを目にしました。安全な水が楽に飲めると知り、すぐに我が家にも導入しました。買い物の都度、大変な思いをしていたことが嘘のように、毎日、安心できる水を使うことができています。おかげでストレスなく生活できています。

水が変わると料理や飲み物が美味しくなる!?

お水は、日々飲むだけでなく、様々な料理やお菓子作りにも必ず使うものです。我が家ではお菓子作りをすることがあるのですが、転勤族のためゼリーなどを作る際にはその土地の果物を使ったりします。ある時、ゼリーを作ったら、いつもと色が違うことに気付きました。さらに何だか薬品臭い感じもありました。友人と話しているときに相談したところ地域によって水道水は使う薬品が違う、または配管の老朽化などもあるので、水の硬度が変わり、こうした色やにおいの違いを感じることがあるとのことでした。怖くなってウォーターサーバーに変えてみたら、ゼリーの味が美味しく感じるようになりました。子供たちもウォーターサーバーで作ったゼリーの方が美味しいと喜んで食べています。

まとめ

お湯を沸かす手間が省けるだけでなく、子供たちが喜んで食べてくれるお菓子作りまで使えるなど、子育ての必須アイテムといっていいものがウォーターサーバーなのです。こうした面だけでなく、さらに安心なお水を口にできるといった安心感もついてくるなんて、お得感しか感じられませんよね。日々、子育てに忙しい方でも、自分の時間も作ることができますし、取り入れないという手はないと思いますよ。ウォーターサーバーのある生活は、今からでも遅くはありません。

この記事をシェアする