• > 
  • 水道水直結型のウォーターサーバーの水の安全性

水道水直結型のウォーターサーバーの水の安全性

安全性の高いウォーターサーバーとは

ウォーターサーバーと言うと、水道水よりは安全でおいしい水が飲めると言われ、2000年前後から徐々に火がつき始め今では殆どの家庭で設置されていると言われています。たくさんの企業がレンタル契約や購入で製品を世に輩出していますが、本当に安全な水と言い切れるのでしょうか。また水素やミネラルが豊富だと謳い、他社製品と差をつけている企業も存在しますが、その点に関しても徹底的に調査を行い分析させて頂きました。また本当に安全であるウォーターサーバーはどういったものなのか、その特徴や仮に安全で無い製品を使い続ける事で発生するリスクやその回避方法、更にはアナタに合った製品の選び方のコツについても紹介していきたいと考えています。

安全でないウォーターサーバーに潜むリスク

浸透しているボトルタイプは危険?

ウォーターサーバーと聞くと多くの方が専用のサーバーの上にお水の入ったボトルを設置するタイプを思い浮かべる事でしょう。このボトルタイプは確かに主流ではありますが、実はリスクがあります。それは工場で生産されてから消費者が利用するまで一定の時間があることです。その間に天然成分やミネラルが無くなってしまう事や、場合によってはカビや菌が発生してしまい安全とは程遠い様な品質になってしまう事があります。また長期保存が出来る様にと予め水道水よりも塩素を多く配合しているケースもあるのです。

女性や高齢者には不向きです

お水の品質にこだわりたいと思い、ウォーターサーバーを購入したのは良いがボトルタイプの場合は交換作業が大変です。力の無い女性やお年寄りには不向きですし、うまく取り付けられない場合はその隙間から雑菌やカビが発生する事もあります。レンタル契約の際は業者を呼ぶ事も出来ますがその分コストがかかってしまいます。雑菌やカビは目に見えない事もありますので、知らずにお水を飲んでいると安全どころか逆に身体を壊してしまう事も充分にあります。安全を求めて水道水から切り替えたのに元も子もありません。

コストの面で割高に

メリットが多いと思って導入したはずなのに、気付くとかなりコストがかかっている場合もあるウォーターサーバー。レンタルの際は普通のお水を契約したが、ダイエット効果や水素が配合されているタイプになると更に料金が発生するケースもあります。その積み重ねによって水道水を飲んでいた時よりもコストがかなり割高になる事もあります。ボトルタイプに関してはこの様なリスクが考えられます。更に自宅保存をする場合には一定の気温、湿度でなければ劣化が早まり、よりリスクが高まります。

安全性の高いウォーターサーバー選びのコツ

良い製品を選ぶには?

安全でおいしいお水をいつでも飲む為には、良い製品を選ぶ必要があります。しかし製品を選ぶ際にはどの様にすれば良いのでしょうか。最近では契約を結ぶ前にお試し期間を設けている企業も多くありますので、それを利用しながら自分にあったウォーターサーバーを見つけていくのも良い手段だと言えます。それで自分に負担にならない、水道水よりも飲みやすいと感じたのなら購入すれば良いですしそうでなければ利用しないと判断すればいいでしょう。

長期的に考えて

天然水だけをずっと飲んでいる、または毎週の様にミネラルウォーターを多数購入している場合、かなりのコストがかかってしまいます。お水にこだわる方が増えてきた事もありますし、水素水や塩素を少なくした水などと多種に渡る製品があります。これらを契約する際に考えて欲しいのが長期的に続ける事が出来るかという事です。少し飲んだから効果が出るものでもありませんので、負担無く続ける事が出来て水道水よりも効果を実感する事が出来るウォーターサーバーを購入する必要があります。

水道水直結型のウォーターサーバーはボトル型よりもメリット多し

そんな中で注目を浴びているのが水道直結型と言われているウォーターサーバーです。水道から専用の機器を介してお水を出しているので大きなボトルも必要ありませんし、買置きもしなくて済みます。またコストの面でも、サーバーを購入すれば後は水道料金のみになりますので長く続けると考えるならボトルタイプよりもかなり安価になる事でしょう。またフィルターを換える事で水道水にミネラルや水素を入れる事が出来るのでカスタマイズ出来るのもメリットです。

業者のメンテナンス部分も要チェック

長持ちの秘訣はメンテナンス

水道直結型のウォーターサーバーはボトルタイプよりも続けやすいのですが、気をつけるべき点もあります。と言うのも前者は、無くなれば交換するだけである程度は新鮮なお水が飲めますしサーバーの定期メンテナンスに関してもそんなに数が必要だと言う事はありません。しかし水道直結型の場合、水道水を介していつでも気軽に安全なお水が飲める為、定期メンテナンスを見落としてしまいやすくなるのです。メンテナンスを行うだけで機器も長持ちするので、怠らずにしましょう。

メンテナンスの他にも手入れが必要です

水道水を専用の機器を通すだけで安全なお水に変換出来る夢の様な機器ですが、メンテナンスはもちろんの事、ウォーターサーバーの手入れも必要です。まず挙げられるのがフィルター交換です。レンタル契約の際にいくつかフィルターがついてくる事もあり、自身で交換する事が出来るタイプもあります。更にフィルターにはダイエット効果がある成分やミネラル成分を増やしてくれるものもありますので安全にプラスして、より良い成分を摂取する事が出来ます。

タンク内清掃は自宅でも出来る?

ウォーターサーバーのタンクと言うのはアナタが思っているよりも汚れやすく、入念な清掃が必要になります。業者へ依頼するのも良いですし、自身で清掃できるタイプもあります。水道直結型は一見、設置すれば特に手入れは必要なさそうですが機器を長持ちさせつつ、安全でおいしいお水を飲み続けるにはメンテナンスが必須です。購入する際にはこれらをチェックしながら選ぶと良いでしょう。そうすれば水道水よりも質の良いお水を飲む事が出来ます。

この記事をシェアする