• > 
  • 水の硬度について調べてみた

水の硬度について調べてみた

ミネラルウォーターを選ぶ上で、注目しておくべき点、言い換えれば、選ぶ基準となるものが水の硬度です。一般的に海外メーカーのミネラルウォーターは硬度が高い硬水、日本メーカーのものは硬度が低い軟水となっています。そもそもなんで海外と日本で硬度に差が出るのか、と思う方がいると思います。私たちが日々口にしているのは軟水ですが、硬水とはどのような違いがあるのでしょうか。硬度を知っておくことで、よりミネラルウォーターを選ぶことが楽しくなります。

硬度とは何か?

日本の水のほとんどが軟水だということをご存知でしょうか。それとは逆に、ヨーロッパや北米の多くは硬水を使用しています。地域によってちがうのはどうしてでしょうか。そもそも硬度とはなにか、硬度によって効果にちがいがあるのかを紹介していきます。

硬度とは、水に含まれたカルシウムとマグネシウムイオンの量を表した数値のことです。硬度が高いほどカルシウムやマグネシウムなどのミネラル成分が多く含まれています。国によって水の硬度がちがう理由ですが、これはその国の文化や食生活と密接に関係しています。欧米やヨーロッパの料理は肉を中心としたものが多く、ミネラル成分が少なくなりがちです。これを水で補う場合が多く、硬水を摂取することによって栄養素のバランスをとっています。

しかし、最近では日本においても食文化の欧米化が進み、ミネラルが不足しがちな生活を送っている方が多くなっています。水を見直してみることは、自分の健康を見直してみるということにもなりますので、これを機会にもう一度、自分が飲む水のことを考えてみてもよいのではないのでしょうか。

軟水と硬水の違いは

水には硬水と軟水があることをご存知でしょうか。水に含まれるカルシウムとマグネシウムの量を数値化したものが硬度です。この硬度が高い場合は硬水、低い場合は軟水と呼んでいます。日本の天然水は軟水が多く、逆に海外では硬水が多く出回っています。

軟水の特徴としてはまろやかで口当たりがよく、比較的飲みやすいものが多くなっています。和食文化の日本では、癖のない軟水のほうが合っているとされています。一方、硬水の特徴はミネラル成分を多く含んでいることによって、最初は癖が強いと感じて飲みにくいと感じてしまう人もいます。

しかしスポーツをする際には、より効率的にミネラルを補給することができるという利点があります。硬水には肉をやわらかくし、食べやすくしてくれる効果もありますので、料理によって使い分けても良いでしょう。このように、水の特徴を知って効率的に使用することが、賢い水の使い方だと言えます。

ウォーターサーバーで硬水は飲めない?

水は、ミネラル成分が多ければ多いほどよいというわけでも実はなく、ミネラル成分を摂りすぎると含まれる成分によってはお腹を壊してしまうなど、身体に合わない場合があります。硬水でも軟水でも、自分が摂取したいミネラル成分と、飲みやすさ、自分の身体に合っているか、などを考える必要があります。

では硬水、軟水をウォーターサーバーで取り入れる方法はあるのでしょうか。実は硬水をウォーターサーバーで提供している会社は今のところありません。ウォーターサーバーで提供するとなると、飲みやすさやおいしさ、多くの人が取り入れやすいということが必要になってきます。そうなると比較的飲む人を選ぶ硬水を使う会社が少ないことも頷けます。硬水を取り入れたい場合は、コンビニやスーパーで硬水のペットボトルを購入する方法が良いでしょう。

この記事をシェアする