• > 
  • ウォータサーバーの水宅配で一か月の水道代は格安になるのか?

ウォータサーバーの水宅配で一か月の水道代は格安になるのか?

毎日の生活で使用している水は水道水を使用している場合がほとんどかもしれません。ですが一度に使う水の量が多くてどうしても毎月の水道代がかかってしまうとお悩みの方もいらっしゃるのではないかと思います。そこでこれからウォーターサーバーの使用を中心に、利用時にかかる諸費用や毎月の水代を安くするためのコツについて説明していきます。

お得にウォーターサーバーの水を使っていきたいと考えている方は参考にしてみて下さい。

ペットボトルの水とウォーターサーバー、どっちがお得?

調理を始め日々の生活で使う水は、水道水の他にペットボトルのミネラルウォーターやウォーターサーバーの利用が挙げられます。ペットボトルの場合スーパーなどを始めとした販売店で平均120〜130円くらいの値段で気軽に購入できることが主なメリットと言えます。加えて国内外問わず様々な種類から選べて自分好みの商品を見つけやすい点も魅力的です。ただ2Lのものだと重くて運びにくい、空容器の処分に手間がかかちがちというデメリットもあります。

ウォーターサーバーの場合ですと、利用するメーカーによって多少違いはあるものの電気代や水代などを含めて様々な面で経費がかかるので、節約に工夫する必要が出てきます。

その分宅配で定期的においしい水が届く、冷蔵庫内のスペースを取らないなど便利であることも事実です。長い目で見ていくとウォーターサーバーが便利と言えますが、経済状況や使い勝手から判断して自分に合う方法を選んでください。

ウォーターサーバーをレンタルする時にかかる諸費用

ウォーターサーバーをレンタルする際、毎月受け取る水代とウォーターサーバーの稼働に必要な電気代以外にも、利用するメーカーや住んでいる地域によってはサーバーのレンタル料や宅配料、メンテナンス料など別途料金が発生する可能性があります。先ほどのお話でも少し触れましたが、ウォーターサーバーを利用するとなると何かと経費がかかりがちになります。

ただレンタル料やメンテナンス料についてはどちらかの料金が無料もしくは有料の場合があるというように、設定されている利用料金は各メーカーごとによって変わってきます。このことから長期間ウォーターサーバーをお得に利用し続けていくためには、レンタル料やメンテナンス料が必要かそうでないかという点がポイントになってきます。

もしレンタルでウォーターサーバーを長く利用したいと考えている場合は、毎月の水道代と電気代にかかっている料金と複数のメーカーの利用料を照らし合わせながら検討してみて下さい。

使い方を工夫して毎月の利用料を抑えよう

レンタル料やメンテナンス料が無料になっているメーカーを選ぶ際、毎月の利用料を抑えられるウォーターサーバー選びも費用の節約につながります。ここではウォーターサーバーを格安で利用したい方に向けて、ぜひ実践したい方法を紹介していきますのでぜひ参考にしてみて下さい。

まず利用するボトルタイプの選択です。ウォーターサーバーに設置するボトルには様々なタイプのものがありますが、中でもワンウェイタイプは比較的安価な値段設定となっています。加えて雑菌が繁殖しにくいつくりになっていたり、使い終わったら小さく潰せて置き場所を取らないなどメリットも多いのでおすすめです。

そして外出時や就寝など長時間使用しない時は電源を切っておくと電気代の節約につながります。また節電機能付きのウォーターサーバーも出回っており、スイッチを押すもの以外には、明るさを感知して電源が切れるものやタイマーを設定できるものなどいろいろなタイプから選ぶことが可能です。

この記事をシェアする