• > 
  • ウォーターサーバーの水のボトルを入れ替える方法

ウォーターサーバーの水のボトルを入れ替える方法

ウォーターサーバーは便利なものですが、水を使い切ってしまうと入れ替えます。ボトルは宅配されますが、入れ替えは自分でしなければなりません。大容量のボトルなので、使ったことがない人にとっては、重くて入れ替えるのが大変そうだと感じます。実際にはどのようにして入れ替えをするのでしょうか。ボトル交換は誰でも簡単にできるものなのでしょうか。交換する際に注意点などはないのかも一緒に調べてみました。

ウォーターサーバーのボトルを交換する際の注意点は?

ボトルを自分で交換する際に、一番気をつけたいのが衛生面です。わたしたちの体内に入る水を扱う機器です。ボトルを入れ替える際には、ボトルとウォーターサーバー本体の接触部分に雑菌や汚れが入らないように注意しましょう。それらが、ボトルの中に入ってしまうと、そのまま汚れてしまった水を使い続けることになってしまいます。

料理をする前に手を洗うように、ボトル交換の前には手を洗うなど、衛生面に気遣うようにするとよいでしょう。使用済みのボトルを外したら、新しいボトルをつける前にボトルの差込口を掃除するのを習慣付けることも大切です。差込口はほこりがたまりやすく、汚れやすい場所です。

使用済みボトルを外したら、水を拭きとって、アルコール消毒まで行うのが理想的です。ふき取る際には、繊維やカスなどが出にくいキッチンペーパーや布などを使用しましょう。そして、掃除が終わったら、また汚れが入り込まないうちに、すぐに新しいボトルをつけましょう。

ウォーターサーバーのボトル交換の方法は?

きちんと掃除をして、清潔にしたらボトルの交換です。ボトル交換の方法は、使っているメーカー、機種によって多少異なりますが、大まかな流れをご説明します。

ボトルをウォーターサーバーの上部に差し込むタイプのものの入れ替え方法です。多くのボトルは、シールでふたが密閉されています。交換の直前にシールを剥がします。シールを剥がすのを忘れてしまうと、シールの欠片がボトルに入ったりして、衛生面で問題となります。ボトルを差し込む際には、しっかりと上から平行に差し込みます。斜めから差し込んだり、ずれると水かしっかりと出てこない原因になります。

取り付け方法を誤ると、本体の故障につながるので、慎重に行いましょう。ウォーターサーバーの上部にボトルを差し込むものが主流ですが、下に取り付けるものもあります。

この場合、水を上に持ち上げる必要が無いので、負担が軽くなります。いずれにしても、衛生面に注意し、安全に取り付けることが大切です。

ちなみに空ボトルに水を入れて再利用はできる?

空ボトルに水を入れ替えるというのは、ボトルの形によって、できるものとできないものがあるようです。しかし、物理的に入れ替えができるものであっても、衛生的にはよくありません。

通常は、リターナブルボトルという繰り返し利用できるボトルの場合、しっかりと除菌、殺菌されて専用の工場で機械によって新しい水が入れられています。わたしたちがそれと同等にきれいに殺菌することは不可能です。たとえば、ペットボトルの水などをそのまま入れ替えれば、きれいな水を使えそうですが、そうではありません。

空気には見えないほこりやゴミ、ウィルスなどがあり、自分で水を入れ替えるとなるとそれらの雑菌が入ってしまうことになります。きれいな水を利用したくてウォーターサーバーを使っているのですから、水は正規のものを決められた方法、ルールに従って利用しましょう。

この記事をシェアする