• > 
  • RO水と天然水。飲み水として比較してみた

RO水と天然水。飲み水として比較してみた

ウォーターサーバーで扱われている水は二種類あります。それは、RO水と天然水です。この二つがどのようなものなのかを知っていますか。それぞれに異なる特徴があります。どのような違いがあり、どちらを選べばよいのでしょうか。飲み水として使うには、どちらのほうがいいのかをご紹介します。

それぞれの特徴を比較して、そのよさを考えてみましょう。自分にぴったりの水を選んで、毎日飲みたいですね。

RO水の特徴

RO水とは、ろ過をして不純物を取り除いた水のことです。RO膜というフィルターを使ってろ過しているので、このような名前になっています。0.0001ミクロンという細かいフィルターを使っているので、農薬や細菌、ウィルスなどあらゆる不純物を取り除くことができます。純粋、ピュアウォーターとも呼ばれています。

不純物が入っていないので、安心して飲むことができますね。不純物はもちろんのこと、カルキ臭やカビ臭といっていやなにおいまでも取り除くことができます。飲み水として、安心できます。

反面、水に本来含まれているマグネシウムやカルシウム、ナトリウムなどのミネラルなどもろ過するときに取り除かれてしまいます。販売されているウォーターサーバーの水には、おいしい水に必要なミネラルなどは後から追加しています。必要な分だけ入れることができるのでよいですが、自然に水に入っているものをそのまま飲むことはできないのがデメリットと言えるかもしれません。

天然水の特徴

天然水というと、自然のきれいな水というイメージではないでしょうか。その水は、地下の深いところや井戸などから汲み取られているものが多いです。土の中の自然によるフィルターを通ってろ過されているので、自然にきれいな水になっています。

地中の土の中にはミネラルが含まれていて、水がろ過されていく中でミネラルが水の中にも入ってきます。自然に、おいしい水に必要なミネラルが入っているのです。天然水に含まれるミネラルは、主にマグネシウム、カルシウム、カリウム、ナトリウムです。おいしい水に必要な成分が全て含まれています。

水は、その地域、水源など産地によって含まれる成分や濃度が異なります。したがって、産地ごとに味の特徴が異なります。日本には多くの有名な産地があります。そして、天然水でも軟水と硬水があります。一般的に日本の飲み水は軟水です。天然水の軟水であれば、赤ちゃんなどにも安心して飲ませることができます。

RO水と天然水の比較

RO水と天然水は、どちらもそれぞれ飲み水としてのよさがあります。その水の特徴により、ウォーターサーバーで提供されるボトルも異なります。

RO水だと、ワンウェイボトルという密閉されたボトルで、1回使い捨てのボトルにより提供されます。工場でしっかりとろ過された水がボトルに入れられているのです。対して、天然水のほとんどは、リターナブルボトルという繰り返し使われるボトルによって供給されます。

価格の相場では、天然水のほうがRO水よりも高いようです。RO水は、産地がわからない工場近くの水や水道水などをろ過して作ります。したがって、コストがかからないようです。また、天然水をろ過してRO水を作って、ウォーターサーバーの水として提供しているところもあります。両方のよさが得られて一石二鳥になりますね。

水の特徴だけでなく、ボトルの方式、価格なども合わせて、自分に合ったほうを選んでみてください。

この記事をシェアする