• > 
  • 必見!水道水よりウォーターサーバーを使った方がおいしいレシピとは

必見!水道水よりウォーターサーバーを使った方がおいしいレシピとは

今までのペットボトルタイプのウォーターサーバーでは、残量や料金の点からなかなかできなかったこととして、「調理に浄水を使う」ことが挙げられると思います。水道水直結型であれば当然ながら水道水がそのままろ過されるので、水の上限を考えることなく使用することができます。お料理好きの方には嬉しいサーバーです。では、どんな活用方法があるのか、レシピなども交えて紹介します。

日本人の主食であるお米と味噌汁からお試しを

最初に紹介したいのは、ありきたりですがやはりお米と味噌汁です。日本人であれば基本のメニューですが、「水を変えるだけでこんなに違ってくるんだ」という感激や驚きの声は実際に届けられているのです。日本国内の水道水は比較的キレイで、軟水なので飲みやすいですし、飲用できる水道水というのは世界的に見ても珍しいそうです。

それでも水道水には塩素や不純物が混ざっているため、身体に害はなくても進んで飲用するものでもありません。ウォーターサーバーの水でお米を炊いたところ、「いつもよりふっくら炊けた」「味噌汁がまろやかになった」という声が多いのは、それらの不純物をろ過した浄水が食材を傷付けていないからなのです。

また、もともとが軟水であることも嬉しい特徴です。まずは身近なごはんとお味噌汁から、ウォーターサーバーの水で試してみてはいかがでしょうか。

煮込み料理上手はお料理上手

水が欠かせない煮込み料理などにもウォーターサーバーの水は最適です。ろ過された浄水は食材を傷付けることがないので、できれば野菜などの洗浄から使うことがおすすめです。

野菜に合わせた正しい洗い方をすれば、必要な栄養素などを洗い流すことなく食材そのものの特徴を生かすことができます。定番の肉じゃがやカレーやシチュー、ポトフや鍋類はもちろん、いつもは自信がない洋風のトマト煮込みや固くなりがちな牛すじを使った煮込み料理などにも挑戦してみてはいかがでしょうか。

ウォーターサーバー水を使った煮込み料理は通常の水道水を使ったものよりまろやかになると言われています。また、食材にも染み込みやすく、柔らかく煮えることも大きな特徴です。先程挙げた、煮ると固くなりやすい牛すじなどはホロホロと柔らかく煮えること間違いなしです。

ウォーターサーバーを使った時短テクニック

次に紹介するのは、ウォーターサーバーを使った時短料理テクニックです。仕事と家事を掛け持ちしている兼業主婦の方や、小さいお子さんがいてキッチンにゆっくり立つ時間がない、という方におすすめの方法です。

大抵のウォーターサーバーは温水と冷水が出る仕組みになっています。「すぐにお湯を沸かしたいが子供が危ないので目が離せない」「出勤前の忙しい朝の時間帯は1分でも惜しい」というような方は温水を使うことでお湯を沸かす時間がかなり短縮できます。熱湯とまではいきませんが、お茶やコーヒーを淹れるのに最適な温度が設定されているサーバーがほとんどです。

うどんやパスタなどの麺類を茹でたり、葉物野菜を茹でたり際にいちいち水道水から沸かさなくても済む、というメリットもあります。時間だけでなく、ガス代の節約にも繋がるのではないでしょうか。

ウォーターサーバーの浄水は、ありとあらゆる料理に使用できるので、どんどんチャレンジしていくべきだと思われます。料理が苦手だと感じる方は、過去に成功例がないために苦手意識が強いとよく聞きます。自分で食べてみて美味しく感じたり、他の人から褒めてもらえることで自信が付くことで、初めて料理の楽しさが湧いてくるものです。

料理が得意ではない方はまず、水道水からサーバーに変えてみることから始めてみてはいかがでしょう。ウォーターサーバー水には、他にもお茶やコーヒーがすぐ淹れられて、且つ美味しいというメリットや、カップ麺を食べたい時にも沸かす必要がなく、すぐ使えたりと活用方法は限りなくあるのです。

この記事をシェアする