• > 
  • 放射能が心配なら水道水ではなくウォーターサーバで解決

放射能が心配なら水道水ではなくウォーターサーバで解決

原発の事故や水道水に含まれる成分の観点から、そのまま飲まない方が多くなってきたように思われます。特に子育て中の親御さんなら、水の安全性について敏感になりがちです。ここでは、放射性物質は水道水に本当に影響があるのかきちんと調べ、どうすれば水の安全性を守ることが出来るのかを紹介していきます。

浄水処理をしても残ってしまう!水道水に含まれる放射性物質

放射性物質については様々な情報が行き交いましたが、水道水についてはどうなのでしょうか。原発事故後にウォーターサーバーを設置したご家庭が多いそうですが、日本の水は比較的安全と言われてきました。ですが、最近は安全性に疑念を抱いている人も少なくありません。

水道水は浄水処理がされているので細菌やゴミなどの不純物は取り除かれています。では放射性物質はどうなのでしょうか。これは原発の事故が起きてから特に大きく変化した訳ではなく、浄水処理をしても残る放射性物質は前からあります。ですがこれは健康に被害のない種類の放射能物質なので、水道水の安全性はきちんと検査されているので問題なく飲んでも大丈夫です。

放射性物質除去に有効な逆浸透膜とは?

浄水処理をしても健康に被害のない放射性物質は残ってしまうと知ると、やっぱり完璧に除去したいと感じることでしょう。直接飲んでも病気にならないと分かっていても、少しだけ不安になります。そこで手軽に水道水を安全な水に変える方法があります。それは、逆浸透膜が付いている浄水器を購入することです。

逆浸透膜とは、浄水器やウォーターサーバーについているフィルターのことで、一番最後についています。このフィルターでは微粒子の放射性物質を除去する効果があります。これさえあれば水道水でも安心して使えますね。詳しくはメーカーごとのサイトに載っているので、ご自身で調べてみると良いでしょう。

逆浸透膜のウォーターサーバーでより安全に

ウォーターサーバーで製造している水も浄水器同様、ろ過を繰り返し、赤ちゃんでも飲める安心な水となっています。それだけでも安全な気もしますが、更に安全性を求めるのであれば逆浸透膜のウォーターサーバーにするのが良いでしょう。何層にもなっている浄水用のフィルターの最後にある逆浸透膜は、穴のサイズがどのフィルターよりも小さく出来ているのでどんな不純物も通りにくくしてくれます。

今後も、飲料水を安心して安全に飲んでいく為に必要になっていくのは、逆浸透膜ではないでしょうか。ウォーターサーバーをお求めの方で放射性物質や細菌が気になる場合は、メーカーでどのようなフィルターや技術が使われているかを調べておくようにしましょう。

まとめ

水道水には健康に害のない種類の放射性物質が入りこんでいます。微粒子と言うこともあり処理しきれないと言うのもあると思いますが、だからと言って飲めない訳ではないので安心してください。逆浸透膜と言われているフィルターは浄水器の他にもウォーターサーバーにも取り付けられているものがあります。水の安全性をより考えるのであれば、逆浸透膜の付いているもので細かい不純物も処理する事の出来るものを選べば完璧です。水道水の安全性を確実なものにする為にも、今後ウォーターサーバーの導入をお考えであれば、逆浸透膜フィルターの存在を知っておいてください。

この記事をシェアする