• > 
  • 放射能検査で水道水とウォーターサーバーを比べてみた

放射能検査で水道水とウォーターサーバーを比べてみた

毎日なんとなく飲んでいる水道水が、もし放射能に汚染されていたら?放射能は肉眼で見ることができないですし、味が変わるわけでもありません。個人で検査キットを使い検査できない訳でもありませんが、精度が低く一般的ではありません。水道水、またはウォーターサーバーの水に関しては問題がないのか気になる。そんなアナタに知ってほしいのが専用の検査をクリアした飲料水です。検査の概要や限界値を知ることでより安全な飲料水を選択することができるのです。

放射能検査とは?

しばらく前から放射能というワードがメディアで騒がれるようになりました。微量ながら摂取していると、体内から被ばくし身体の免疫力が低下したり、場合によっては遺伝子自体が壊れてしまったりすることもあります。そんな放射能の検出値を調べてくれる機関があります。この機関では人体に影響のあるセシウムという成分が、飲料水や食品にどのくらい含まれているか検査してくれます。仮に基準値を超えるセシウムが検出された場合は、クリーニングをしてくれることもあります。このように放射能検査があるからこそ、私達の生活はセシウムにおびえることなく暮らすことができるといえます。検査の誤りは1%以下と大変低く、安心して依頼できるのも特徴だといえるでしょう。

水道水の放射能検出限界値はいくら?安全性は?

もしアナタが摂取している水道水に放射能が検出されたらどうしますか?考えるだけで怖いですし、事前にそれを知ることはできるのでしょうか。ちなみに水道水の検出限界値というのはその地域によって異なるもので、0.5~1ベクレル/kgの範囲となります。数字にすると多少バラつきがあり、詳細については各市町村の水道局サイトで確認できます。ここで気になるのが、この範囲の放射能であれば安全であるかです。安全であると謳ってはいますが、地域によってバラバラなので赤ちゃんや高齢者は注意する必要があるかもしれません。毎日摂取する飲料水だからこそ、水道水ではなくウォーターサーバーに切替て、安心して摂取したいという方も多くいるのです。

ウォーターサーバーの放射能検出限界値はいくら?安全性は?

水道水の検出限界値が1~0.5ベクレル/kgということは理解できましたが、ウォーターサーバーの飲料水も同じ数値になるのでしょうか。業者にて放射能検査を行っているところがほとんど限界検出値は0.5ベクレル/kgです。且つ検出結果は、不検出であることが多く水道水よりもはるかに安全な飲料水であることがわかります。その情報を公開しているケースもありますので、気になる業者はどのような検査をしているか確認してみるのもよいですね。ウォーターサーバーと水道の水を比較すると、一目瞭然でウォーターサーバーの飲料水が安全であることがわかります。デリケートな赤ちゃんやお年寄りなどの大切な家族が、毎日健康であるためにも、放射能検査の基準値をクリアした飲料水を摂取しましょう。

まとめ

放射能検査は水道水、ウォーターサーバーのどちらでも定期的に行われています。ただし水道水はその地域の水を使うことから、時期によって検出されてしまうこともあるのです。水道局が公開している限界検出値は0.5~1ベクレル/kgで、ウォーターサーバーの場合は0.5ベクレル/kgとなります。これらを比較するとウォーターサーバーの飲料水の方が厳しい安全基準となりますし、その検査で不検出になっていることが多いので、安全な飲料水だといえます。

この記事をシェアする