• > 
  • 水道水直結型ウォーターサーバーを導入する際に準備すべき物

水道水直結型ウォーターサーバーを導入する際に準備すべき物

体内に摂り入れる水に私達がこだわり出したのは、随分前の話になることと思われます。飲料用としてはもちろんのこと、調理用としてもキレイで安全な水を使いたい、という方が増えてきています。ミネラルウォーター、浄水など安全な水は、種類も購入方法も多岐に渡っており、選択するのに難しいほど多くなりました。

そんな中特に人気があるのが自宅の蛇口から直結できるタイプのウォーターサーバーです。どのように設置するのか、何か準備する物はあるのか、調べてみたいと思います。

水道水直結型ウォーターサーバーの種類、それぞれの設置方法とは

では、水道水直結型のウォーターサーバーについて見ていきましょう。サーバーの種類はいくつかあります。まず、キッチンなどの床に直接置く細長いタイプのサーバーです。一人暮らし用の冷蔵庫ほどの高さで幅はそれほど広くないものが多いです。また、キッチンのシンク横に置けるくらいの小さいサイズもあります。

これらの2タイプは、だいたいが温水と冷水とが瞬時に出るようになっているものがほとんどです。そして、蛇口に直接取り付ける小型タイプの浄水器もあります。部屋の広さや水を使う頻度、料金などによって選べるようになっています。タイプ別にはなりますが、だいたいが業者による設置工事が必要になります。

次に、事前に自宅で準備しておくものや注意すべき点などを見ていきましょう。

床上設置タイプのウォーターサーバー

まずは床に設置する背丈の高いタイプのウォーターサーバーから説明していきます。このタイプのウォーターサーバーは、幅はそこまで取らないものの床に直接置くタイプなので、それなりの場所を確保する必要があります。それぞれの生活スタイルや部屋の間取りなどを考慮し、邪魔にならず且つ便利な場所を確保しなければいけません。

また、水道水直結型のウォーターサーバーは、当然ながら水道の蛇口部分から分岐してサーバーまで水を引っ張ってくる必要があります。そのため、蛇口からあまり遠い場所に設置してしまうと、その分アダプターや管を伸ばさなければならず場合によっては壁に穴を開けて管を通す工事が必要になることもあります。

そういった場合は通常よりも工事費がかさむことや、家具などの配置換えの時もサーバーだけはなかなか動かせないことを想定しなければなりません。できれば、キッチンの蛇口近辺に場所を確保することをおすすめします。

シンク脇設置タイプのウォーターサーバーの注意点

次に、シンク脇などに設置できるタイプの水道水直結型ウォーターサーバーについて説明していきます。こちらのタイプは床上設置タイプよりもかなり小さく、場所を取らないことが特徴です。背丈が低いタイプのサーバーなので床には直接置かず、ちょうど手元辺りにくる台などの上に設置するのがおすすめです。

最も多い設置場所が、キッチンの蛇口脇のスペースです。通常であればまな板などを使う作業スペースだったり、洗い終わった食器類の水きり器などを置いている場所になるので、その分狭くなってしまいます。

シンク脇にスペースを確保しづらいキッチンであれば、反対側に専用の台を用意して設置したり、カウンター式キッチンであればカウンターの上に設置するなどの方法もあります。床設置タイプか台設置タイプかは、それぞれのキッチンの広さやスタイルに合わせて選ぶ必要があるでしょう。

このように、水道水直結型のウォーターサーバーは便利ではありますが、設置場所を確保できなかったり失敗してしまうと残念な結果になり兼ねません。もちろん業者からのアドバイスもありますが、まずは自分で設置できる場所を確保し、且つ配管工事の手間や、その後の使いやすさも考慮する必要が出てきます。

最後に紹介した蛇口にはめるタイプの小型サーバーであれば、設置場所の確保や大がかりな工事も不要になるので最初の段階では楽ですが、ろ過機能としてはまだまだなものが多いのが現状です。浄水の種類もいくつかあるので、日常でどういった水を摂り入れたいかを考えながらサーバーを選ぶことをおすすめします。

この記事をシェアする