• > 
  • 新生児のミルクにウォーターサーバーの水を使うメリットとは

新生児のミルクにウォーターサーバーの水を使うメリットとは

新生児の頃はどうしても寝不足な状態が続きます。いつ何時に起きるかわからないので疲労からストレスが溜まりやすくなります。そのため、母乳が出づらくなる人も少なくありません。そんな時に粉ミルクを使う人が多いと思いますが、ウォーターサーバーがあればより楽になります。

お湯と冷水が素早く出るのもとても便利ですが、安全で綺麗な水を新生児の頃から飲ませる事が出来るのは親としては嬉しいですよね。水道水も勿論安全ですが、新生児は内蔵の働きがまだ弱いので綺麗な水に変える薬品や微量な細菌やゴミなど、万が一体内に入ってしまうとお腹を壊す可能性があります。他にも新生児にウォーターサーバーを使用するとどんなメリットがあるのでしょうか。

新生児にいつから飲ませればよいか

粉ミルクを作るのに必要なお湯と冷水両方でる、とても便利なウォーターサーバーがあるならぜひ使いたいと思うのですが、果たして新生児の頃から飲ませて大丈夫なのでしょうか。内蔵の動きがまだ発達途中の為、新生児の頃は細菌や不純物を退治する力がありません。余計な成分が多く含まれている場合、お腹を壊したり病気になったりする場合もありますので十分気をつけなくてはならないでしょう。

ウォーターサーバーでは、赤ちゃんや妊婦さんでも安心して飲むことが出来る様に何回もろ過がされている安全で綺麗な水を使用しています。この水であれば徹底的に細菌を取り除いてあるので新生児のミルク作りにも最適です。新生児の頃からウォーターサーバーの水を使用しても大丈夫ですね。それでも心配であれば購入する前にどのように安全で綺麗な水を製造しているのかを、きちんと製造会社に話を聞くと良いと思います。

新生児でも安全な水の条件とは?

とにかくデリケートな新生児は水にも気をつけて上げないと、すぐ体調を崩してしまいます。それでは、安全な水の条件とはどんなものがあるのでしょうか。ウォーターサーバーのない家庭では、水道水を一度沸騰させてから冷まして使う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

前述のとおり、新生児は内蔵の働きが弱い為、栄養素以外のものを体内に取り入れるのは体に負担をかけてしまいます。水の条件としては、何回もろ過されていて不純物が含まれないもの、水の中の多くの成分が含まれない軟水であるのが重要です。あまり神経質に考えすぎる必要はありませんが、そう言った負担をできるだけ軽減できるよう、ウォーターサーバーを扱っている会社では新生児に適した水を販売しています。暑い夏やお風呂上がりなど、ミルク以外の水分が必要な時には素早く、安全な水を飲ませてあげましょう。

ウォーターサーバーを使ったミルクの作り方と注意点とは

母乳だけで育てているママには粉ミルクは必要ないかもしれませんが、ちょっと疲れた時や母乳の出が悪い時はミルクを作る必要があります。ここにウォーターサーバーがあれば楽にミルクを作ることができるのです。通常、ミルクを作る際はまずお湯を使って粉ミルクを溶かしていきます。だいたい哺乳瓶の三分の一くらい、お湯を入れた後、熱すぎない様に冷水を入れて人肌くらいになる温度にしてあげるのがベストです。

サーバーを使えばいちいち沸かす必要がなく、お湯と冷水両方でるので凄く簡単に作れます。ただ、注意点としては、お湯で手などをやけどしないようにしましょう。また注ぎ口は常に清潔にしておく事、サーバー内もフィルターなどが汚れていると細菌が発生しやすいのできちんと掃除しましょう。

まとめ

内蔵の働きが大人と違いまだまだ未発達の新生児には、何回もろ過してある水を使うとミルクや水分補給の際に飲む水として活用出来ます。お湯と冷水が両方出るのは便利なもので、ミルクも飲料水も素早く人肌温度にして飲ませてあげられるので安心です。ただ、いくらきれいだと言っても、ウォーターサーバー内の掃除は忘れない様にしてください。常に清潔にしおくことが重要です。新生児にウォーターサーバーの水を飲ませても大丈夫か不安な人は、販売会社に聞いて確認をするのも良いと思います。

この記事をシェアする