• > 
  • ウォーターサーバーで使われている天然水は放射能の心配はないのか?

ウォーターサーバーで使われている天然水は放射能の心配はないのか?

天然水とはどういう水を差すのか、説明できますか。水道水と比べてミネラルウォーターの天然水はどれくらい安全なのでしょうか。何も考えずに購入している方もいらっしゃると思いますが、水に関する知識を増やしてみてはいかがでしょうか。ここでは、水を採水した後の処理方法などを調べてご紹介していきます。

そもそも天然水とは何か?

スーパーやコンビニでよく見かける水として、天然水のミネラルウォーターがあります。特に気にすることなく購入しているかもしれませんが、そもそも天然水とは何でしょうか。「天然」と書かれていると、自然からそのまま採取して持ってきた水と思ってしまいますが、実際は違うのでご安心ください。

まずミネラルウォーターはろ過や加熱殺菌などをした後にミネラルなどの物質を入れて加工しています。そのため、100%自然界にある水なのか、というとそういうわけではありません。水道水と違い、ろ過や加熱殺菌をするため、そのままで飲むことの出来る安心な飲料水に仕上がっているのです。

汚染された水が人に与える影響

前述のように、店頭やウォーターサーバーなどで販売されている天然水は工場で何度もろ過を繰り返し、殺菌などの処理もされているので全く問題はありません。勿論、水道水も同じように浄水場で不純物または細菌などが入り込まないように処理がされています。

では、もし放射能や不純物が混入されている水を飲んでしまった場合、人体に与える影響はどの位あるのでしょうか。あまりない話ですが、知識として知っておくのも大切な事だと思うので調べてみましょう。

人体に与える影響としては汚染された水を飲むとお腹を壊す、吐き気、めまいや頭痛など日常生活を送るのが困難になる程の症状が現れます。万が一、放射能が入っている場合ですと内蔵に異常をきたすまでに発展してしまいます。本当に想像するだけで恐ろしい話ですので、水の安全には気を付けた方が良いでしょう。

できる限り有害物質を取り除いた純水を選ぼう

天然水は何回も工場でろ過されて殺菌処理もされているので問題なく飲む事ができますが、放射能は微粒子なので、普通のろ過だけでは完全に除去出来ないと言う点を心配して更に特殊なフィルターを使って除去している水があります。このフィルターを使用した水であれば、安全性はかなり高いと言えるでしょう。

特に逆浸透膜と言われている特殊フィルターは有害物質を殆ど取り除いてくれるので、まさに純水を作る事が可能です。ミネラルウォーターはどうしてもミネラルを入れるなどの加工がされていますが、天然水は採水してから特別ミネラルなどを入れる事もせず、そのままの美味しい水を味わえる様になっています。勿論、普通の天然水でも問題ありませんが、より安全な水を求めるのであれば純水と書かれているものを選ぶと良いかと思います。

まとめ

ミネラルウォーターも天然水も放射能などの有害物質を取り除く作業がされているので、何も問題なく飲むことが出来ます。特に皆さんが心配になるのは天然水だと思いますが、体に被害のある放射性物質が混入する事はありません。それでも心配と言う人には逆浸透膜のフィルターで処理されている「純水」と書かれている天然水を選ぶとより安心です。あまりない事ですが、放射能などの有害物質が入った水を飲んでしまった場合の健康被害には吐き気や頭痛など、大きな病気のきっかけになってしまうかもしれません。健康を目指すのであれば、安心・安全な水を選ぶようにしましょう。

この記事をシェアする