• > 
  • ウォーターサーバーと水道水の味に違いはあるのか

ウォーターサーバーと水道水の味に違いはあるのか

水道水は、そのまま体内に摂り入れるにはあまり相応しくない危険性を、若干ではありますが含んでいます。それを取り除いてくれるのがウォーターサーバーです。実際のところ、「安心して飲める水」に越したことはありませんが、「飲んで美味しい水」でなければ、あまり継続して飲みたいとまでは思わないものです。果たして、水道水とウォーターサーバーで作った水とでは味の違いがあるのでしょうか。

都会と田舎の水道水は味が違う?

では水道水から見てみましょう。水道水をそのまま飲むイメージはあまりありませんが、都会の人ほど水道水を飲んでいないように思います。よく、田舎の水道水は美味しいが都会に行けば行くほど不味くなる、という話を聞きます。それはなぜなのでしょうか。

水道水は、もともと川から運んでいます。川の水が貯水池や浄水場で消毒されながら一般家庭へと運ばれてくるのです。単純に考えて、自然が多く公害が少ない川から運んだ水は、都会の汚染された川の水よりははるかにキレイで美味しいことは簡単に想像が付きます。

そのため、田舎の水道水の方が美味しい、という話はウソではないのです。田舎の水道水と都会の水道水の味の違い、これは単純に、自然が多い地域の水はウォーターサーバーに含まれるようなミネラル分などが多く、都会は念入りに消毒された水のためカルキ臭かったりするのが原因ではないでしょうか。

水道水と市販の水の成分は同じ!?

水道水の味が地域によってバラつきがあることは先程述べました。では次に、水道水に含まれる成分についても調べてみたいと思います。味に違いがあるように、成分も地域によって若干の違いがあるようです。

水道水に含まれる主な成分は、ナトリウムやカルシウムなどといったところです。地域によって成分の量に差があるようですが、入っている成分自体は同じのようです。そして、水道水に含まれる成分はミネラルウォーターやウォーターサーバーの成分とほぼ変わりがないのはご存知でしょうか。

しかし、水道水と売られているミネラルウォーターでは味が全然違います。どちらかというと、ミネラルウォーターの方が美味しく感じるものが多いと思います。入っている成分が同じなのに、ここまで水道水と味が違うのはなぜでしょうか。それは、水道水として消毒した時に含まれる「塩素」に原因があります。

水の味は塩素で決まる?

水道水は塩素殺菌による消毒が義務付けられています。一定の基準を満たした水でないと水道水として一般家庭に届けることはできないため、消毒は必須なのです。水道水には塩素が入っており、ミネラルウォーターには塩素が入っていない、これが水の味を大きく左右します。

では、ウォーターサーバーを使った場合はどうでしょうか。水道水直結型のウォーターサーバーを通した水は、水道水をろ過した水なのでミネラルウォーターとは異なります。一般的には「浄水」という呼ばれ方をします。この浄水も、もとは水道水なので含まれる成分は同じです。

そしてサーバーのろ過機能により塩素も除去されるため、塩素を含まない美味しい水に仕上がるわけです。このように、水の味には塩素の有無が重要です。塩素が除去されたウォーターサーバーの水も、水道水よりも美味しく飲みやすく、且つ安全なのです。

塩素が含まれないミネラルウォーターや、ウォーターサーバーを通した水は、水道水よりも美味しく飲むことができます。美味しいだけではなく、塩素がない方が身体にもいいことが分かっています。水道水に含まれる塩素はカルキと呼ばれており、一定の量であればさほど問題ありませんが、大量に摂取することは身体に害を及ぼすとされています。

水道水を直接飲むのに適さない大きな理由は、このカルキにあるのです。味だけではなく、身体の健康のことも考えれば、やはりカルキが含まれていない状態での美味しい水を飲みたいものです。水のコストや味も大切ですが、自分の健康を第一に美味しい水を選びましょう。

この記事をシェアする