• > 
  • あなたはどっち派?ミネラルウォーターと水道水を比較した話

あなたはどっち派?ミネラルウォーターと水道水を比較した話

日本の水道水は世界的にみても厳しい安全基準をクリアした比較的安全な水となっており、飲料水としても使うことが出来ます。ただ人によっては水道水を消毒する際に使う塩素が気になるという方や、ろ過施設から家庭に届くまでになにか問題があったら、と気にする方もいらっしゃるかもしれません。スーパーなどで販売されているミネラルウォーターとどのような点でちがうのか、比較して自分に合ったほうを効果的に摂取することが大切です。

日本の水道水の仕組みや安全性とは

海外の水道と違い、日本の水道水は調理や飲料として使用できる安全な水を提供できる施設が整っています。日本の水道水は私たちの元に届くまでにどのような処理をされて届けられているのでしょうか。

ダムから取り入れられた水を浄化して消毒する施設が浄水場です。工業廃水や雨水などが安全で安心な水質で届けることができるのは、この浄水場を通って水が浄化されているためです。ダムから取り上げられた水は浄水場を通り、チリやほこりなどのゴミを取り除き、塩素を取り除き、消毒します。数々の工程で安全基準を満たした綺麗な水が、送水ポンプによって給水所に送水されていきます。

日本の水の安全基準は、世界的に見ても厳しい基準値となっており、相応の浄水施設が整っています。恵まれた配水施設で、私たちは今日まで安全な水が飲めるのです。

市販のミネラルウォーターの仕組みや安全性とは

コンビニやスーパーに行きますと、多種多様なミネラルウォーターが販売されていることがわかると思います。最近では美容やダイエット、またはスポーツをする際にミネラルウォーターを摂取するという方も増えてきています。そのためには、ミネラルウォーターの仕組みを把握しておくことが大切です。

まず美容やダイエットにミネラルウォーターを取り入れたいという方は、硬水を取り入れてみてはいかがでしょうか。硬度が高いほどミネラル成分が豊富に入っており、人体を形成するために必要なカルシウムやマグネシウムを効率的に摂取することができます。ただミネラルを多く取りたいからといって、いきなり硬度の高いミネラルウォーターを飲んでみても、合わない場合はお腹を壊してしまう危険性があります。

日本の水は多くが軟水のため、日本人の口に合いやすいのも軟水です。口当たりがまろやかで飲みやすいものを求めている方には、硬度が高い硬水は合わない可能性が高いです。ミネラル成分を過度に取りすぎてしまった場合、下痢などを引き起こしてしまう場合がありますので、バランス良く摂取していくことが重要になってきます。

安全な水はどうやったら手に入るのか

近年では水質汚染が問題となっており、水道水でも安心できないという方がいると思います。水道水を消毒するために使っている塩素が気になるという方もいます。では安心で安全な水を手に入れるためにはどうすれば良いのでしょうか。いくつかの方法を紹介したいと思います。

一つは、コンビニやスーパーなどで市販のミネラルウォーターを買うという方法です。メリットは手軽に買うことができすぐに始められるという点です。デメリットとしては、こまめに買うことで割高になってしまう印象があるという点と、ゴミが増えてしまう点です。

二つめは、ウォーターサーバーを設置してみる方法です。メリットとしてはボトルでの比較的大きい単位での契約になりますので、多く使う場合は割安で経済的なことです。デメリットとしては、導入するまでの下調べが必要なことと、継続的に利用していく必要があるのでそれなりに計画を練らなくてはならないという点です。

他に浄水器を取り入れるという方法もあり、これらをご家庭の状況と合わせて一番合う方法を選んでいく必要があります。

この記事をシェアする