• > 
  • ミネラルウォーターに放射性物質が含まれてしまう理由とは?

ミネラルウォーターに放射性物質が含まれてしまう理由とは?

微粒子とされている放射性物質は、私たちの生活にどれくらいの影響力があるのでしょうか。身近な飲料水にも本当に入り混んでいるのか、噂では販売されておりミネラルウォーターにも放射性物質が入り込んでいるのではと言う話まであります。

ここでは、一つ一つ紐を解いていくと言う点から、水に関する検査方法や採取場所などを調べ、水の安全性について考えていきましょう。知らないままで飲んでいた人も知る事で更に安心感を得られるのではないでしょうか。

放射性物質は自然界に常に存在している

私たちの周りには放射性物質があることを知っていますか。実は自然界に健康に害のない放射性物質は常に紛れているのです。普通に存在する、と言う事は「普段から口にしている」ということでしょうか。また、健康に害はないと言っても時間が経ったら蓄積されていくのではないか、本当に大丈夫なのかなど色々な疑問が沸いてくるでしょう。

ただ、放射性物質は地球が生きている証拠なのです。知らない方も多いかもしれませんが、地球が誕生した時はもっと沢山の放射性物質があったそうです。そして水にももちろん、微量ですが含まれています。ただ、安全性には問題ないので安心して過ごしてください。

ミネラルウォーターで摂取してしまう放射線量

安全な水を求めて多くの人が、ミネラルウォーターを購入しています。水道水も日本であれば安全とされていますが、塩素やカルキなどの物質の関係から飲みたくないと感じているのではないでしょうか。ウォーターサーバーやミネラルウォーターは水道水と比べて安全なので購入する人も多いことでしょう。では、放射性物質は本当にミネラルウォーターには含まれていないのでしょうか。

ミネラルウォーターを製造している会社では、何回もろ過をした後に目の細かいフィルターを使って微粒子も通さない様な工夫がされています。放射能の検査もきちんとしているので、ミネラルウォーターを飲んでも摂取する放射線量は無いに等しいと考えられます。それでも心配と思う人は、水を採取した場所の放射線量を調べると言うのも良いと思います。

それでも気になるならウォーターサーバー

水道水に含まれる放射線量は健康に害のないものと言われていますが、子育て中の親にとっては心配な事だと思います。原発事故が起きてから敏感になったという方も多いことでしょう。ミネラルウォーターも前述のとおり、安全な水ではありますが、ウォーターサーバーを自宅に設置するという方法もおすすめです。特殊なフィルターにより余分な成分を除去できるうえにわざわざ買いに行く必要もありません。小さな子供のいる家庭なら、子供をそばにいながら健康でおいしい水を摂取することができるのです。

放射性物質以外でどうしても成分が気になる人は、逆浸透膜のフィルターの付いているウォーターサーバーや浄水器を使えば、放射性物質を90パーセント近く除去する事が出来るそうですよ。

まとめ

自然界にも普通に存在する放射性物質、健康被害はありませんが気になる人は少なからずいらっしゃいます。ミネラルウォーターを購入する人、自宅にウォーターサーバーを設置する人など様々な方法で水の安全性について考えるようになったのではないでしょうか。ミネラルウォーターは安全な水だとはされていますが、買いに行く手間やそれでも不安と感じる人は、逆浸透膜のある浄水器やウォーターサーバーを選ぶと、不純物をほぼ完璧に除去してくれます。

この記事をシェアする