• > 
  • ミネラルウォーターは自作できる?

ミネラルウォーターは自作できる?

ミネラルウォーターを作るということにあまり馴染みがないという人もいるかもしれませんが、グッズさえあればどなたでも簡単に自宅で楽しむことができます。コストを考えるとミネラルウォーターをコンビニなどで買うよりはかかるかもしれませんが、作る過程を楽しむことができる人ならば、お金だけではない価値を得ることができます。自分の安全を自分の目で見て管理したいという方にもおすすめです。

ミネラルウォーターの定義は?

ミネラルウォーターは身体に必要なミネラル成分を効率的に接種できるものとして、スポーツ時のみならず、健康維持のため日常的に飲む人も多くなっています。コンビニやスーパーなどのミネラルウォーターコーナーに行ってみても、多くの種類が出ていることがわかるように、世間的にも関心が高いものであることがわかると思います。

では、ミネラルウォーターの定義とはどういったものなのでしょうか。実はミネラルウォーターと一口に言っても種類があり、農林水産省の品質ガイドラインで定められているのです。天然水(ナチュラルウォーター)とミネラルウォーターは似ているようで実は違うものとされています。これらの違いを知ることによって、より自分に効果的なものを摂取する基準を考えることができます。

ミネラルウォーターを作るのに必要なもの

ミネラルウォーターを摂取したい場合、ウォーターサーバーやペットボトルを購入するなどの方法がありますが、自分で作る方法もあります。自然にミネラルウォーターが出来る過程としては、雨水などが岩などに伝って濾過されてミネラル成分がプラスされて出来るというのがほとんどですが、最近では自宅で再現できるグッズも増えてきています。

ミネラルウォーターの作り方は、自宅の水道水をボトルに入れて、そのなかに一緒に備長炭やパナジウム鉱石などの天然鉱石を入れるというものです。ものによって値段はさまざまですが、千円程度で購入できるものもありますので、手軽に自宅の水道水にミネラル成分を加えることができることができます。

定期的に作るとなると値段面などは決して安いというわけではありませんが、自分で作るという楽しみを感じることが出来ますので、興味のある方は、一度挑戦してみてはいかがでしょうか?

手作りのミネラルウォーターの安全性は?

手作りのミネラルウォーターの安全性は、市販のものと比べてどうなのでしょうか。自分で作るといった点で、精製の過程を自分で管理できる面から言えば、個人的な感情の面で安心できると言えます。コンビニなどで売っているペットボトルのミネラルウォーターなどは作っている過程を見ているわけではないので、どうにも安心できないという方は、自分で精製する方法も一つの手だと言えるでしょう。

自分で精製する場合、精製に使う備長炭や天然鉱石の安全性についても調べておく必要があります。ミネラル成分をプラスするものが安心できるものでなければ自分で作る意味がありません。クチコミや本などで情報収集し、ある程度の知識を持つことで、安全性の面において安心できる水を作ることができるのではないでしょうか。

まとめ

水道水にひと手間を加えることによって、簡単においしいミネラルウォーターを楽しめるので、興味が出たという方は、ネット通販などでもグッズを手に入れることができますので、試してみてもいいかもしれません。自分で作った料理がおいしく感じるように、自分で作った水は、市販のものよりもおいしく感じることがあります。実際に材料にこだわれば、自宅でいても手軽に天然水のようなおいしい水を作ることが可能になります。

この記事をシェアする