• > 
  • ミネラルウォーター種類と各成分を比較

ミネラルウォーター種類と各成分を比較

水と言っても、実にさまざまな種類のものがあります。身近にある水道水、店で売られているミネラルウォーターです。ミネラルウォーターもいくつかの種類にわけられるそうです。それらには、どのような違いがあるのでしょうか。

それぞれに含まれている成分から、特徴を比較してみることにしました。どんな水が自分には合っていると思うのか、今後飲みたい水はどれなのかを選んでみてください。

ミネラルウォーターの特徴と成分

市販されているミネラルウォーターは、わたしたちの健康や美容に必要な成分が入っています。カルシウムやカリウム、ナトリウムといった成分が適度に含まれています。それらはわたしたちの体の中の組織を作ったり、調整したりする役割があります。ミネラルウォーターによって、含まれているミネラルの配合量は異なります。摂取したいものがどのくらい含まれているのかチェックして選ぶとよいでしょう。

そのような効果だけでなく、水道水などと比較すると味もおいしいです。もともとの水にミネラルが含まれている場合もありますが、後から人工的に加えられたものもあります。人工的に加えられた場合でも、ミネラルウォーターと言うことができます。

ミネラルウォーターには、水道水には含まれているカルキ臭がありません。カルキ臭があると、水がおいしく感じなくなってしまいます。それと比較し、おいしく味わうことができる水です。健康によく、味もおいしいのが特徴です。

ナチュラルミネラルウォーターの特徴と成分

ミネラルウォーターは、ミネラルが含まれた水をろ過、沈殿、殺菌し、さらにオゾン殺菌や紫外線殺菌、ブレンドなどを行ったものです。人工的に成分の量を調整する場合もあります。対して、ナチュラルミネラルウォーターの場合は、ろ過、沈殿、殺菌の処理だけを行ったものです。最低限の処理だけを行っており、ほとんど自然に近い水ということになります。ミネラルが自然に含まれているのが特徴です。

過剰に加工されていないので、自然本来の味を楽しむことができます。水源によって、それぞれの味を比較して楽しむことができます。また、処理をしなくても飲めるということなので、安全な水だということがわかります。水の天然のうつくしさ、おいしさにおいては最上級だと言えるでしょう。ろ過、沈殿、殺菌だけを行うという点では、いわゆる天然水があります。しかし、天然水の場合は、ミネラルの有無は問われていないので、含まれていない場合もあります。

ボトルドウォーターの特徴と成分

ボトルドウォーターというのは聞いたことがありますか。なんだか難しそうな、特徴的な水のような感じがしますが、そうではありません。日本人にはあまり馴染みの無い名前かもしれませんがボトルドウォーターとは、一番幅広く使われているものです。

飲むことができる地下水以外の水であれば、ボトルドウォーターに分類されます。ミネラルウォーター、天然水、ナチュラルミネラルウォーター以外の水です。水道水、蒸留水や純粋などもボトルドウォーターです。

水の処理方法には特に規定はありません。人工的に処理を加えたものも、加えていないものも。ミネラルウォーターの場合はろ過や殺菌などをすることが義務付けられていますが、ボトルドの場合は義務付けられていません。くせがなく飲みやすいようです。他には、ダイエットや美容、健康への効果が期待できること、料理の味を引き立てることができることと言ったメリットがあります。

この記事をシェアする