• > 
  • ミネラルウォーターの定義と選び方

ミネラルウォーターの定義と選び方

ミネラル飲料水とは、ミネラル成分を含んだ飲料のことになりますが、厳密に言えば種類が別れています。ミネラルウォーターとナチュラルミネラルウォーター、ボトルドウォーターなどなど、混同して覚えている方も多いのではないのでしょうか。

例えばナチュラルミネラルウォーターは天然水を元にしたもので、加熱処理などの飲むための処理だけを施したミネラルウォーターのことを言います。違いを学ぶことによって、より自分にあった水を選ぶことができるのです。

そもそもミネラルウォーターとは

最近ダイエットや美容のためにミネラルウォーターを飲んでいる方が増えていることをご存知でしょうか。糖度やカロリーが高いジュースを飲むより、ミネラルウォーターなどの水を飲む方が良いことは大体想像がつくと思います。そもそもミネラルウォーターとは、どんな水のことを指すのでしょうか。

簡潔に言うと、ミネラル成分を含んだ水のことを指します。コンビニやスーパーに行けばわかると思いますが、ミネラルウォーターといっても多くの種類がありますよね。国内の有名メーカーが出しているミネラルウォーターから、海外メーカーのものまで幅広く置いてあります。

なぜこんなに種類があるのかというと、ミネラル成分には種類があり、どれを多く含んでいるかによって口当たりなども変わっていきます。ミネラルを多くとれば体に良いということでもないので、今の自分にはどの成分が必要かを考えて摂取していきましょう。

ミネラルウォーターと天然水は同じではない!?

ミネラルウォーターと天然水の明確な違いがよくわからないという人もいると思います。これらの違いは、一言で言ってしまえば、加工されているかいないかの違いになります。

天然水は、読んで字のごとく加工されていない天然の水のことを差します。成分調整を行わず、天然の水を飲料にするためにろ過、沈殿、加熱殺菌のみの過程を経たもののみを指します。一方で、ミネラルウォーターとは、ミネラル成分を含んだ飲料水のことを言いますので、天然水であったとしても、ミネラルウォーターである場合があります。

ミネラルウォーターはミネラル成分を加えたり、人が飲みやすいように調整しているものも含みます。つまり、天然水であってもミネラル成分を含んでいればミネラルウォーターと呼ぶことができるのです。では、天然水のほうが、加工を最低限にしているし、体に良さそう、と思う方がいるかもしれません。

しかし大切なのは、自分に足りない成分を補給することです。それには、ミネラル成分をその人にあうように調整しているミネラルウォーターであっても変わりません。自分の目的と合わせて、必要なものを選んでいくことが大切なのです。

どういったミネラルウォーターを選ぶべきなのか

どういったミネラルウォーターを選ぶべきなのかを考える前に、いまの自分に必要な効果を考えてみることも一つの選ぶ方法かもしれません。

ミネラルウォーターには今日まで多種多様にあり、そのなかから選ぶだけでも迷ってしまいます。美容目的なのか、スポーツをする際に飲むものとしてなのか、健康維持の目的なのか、目的をはっきりさせておくと取り入れやすいかもしれません。

さらにミネラルウォーターを選ぶ際の基準として参考になるのは、硬度とpH値です。硬度は、その水のなかにミネラル成分がどれだけ入っているかを示します。硬度が高ければ高いほどミネラル成分が多く、より効率的にミネラル成分を摂取することができます。ただ日本のほとんどの水が軟水ですので、最初は口に合わない場合があります。

pH値は水の酸性、中性、アルカリ性を数値で表したものです。酸性に近いほどすっぱく感じ、アルカリ性に近いほど苦味を感じることがあります。販売されているミネラルウォーターはほとんど中性ですが、酸性に近いかアルカリ性に近いかでも口あたりがわずかに変わってくるようです。

この記事をシェアする