• > 
  • ウォーターサーバーの市場規模はどれくらいあるの?

ウォーターサーバーの市場規模はどれくらいあるの?

ウォーターサーバーが街中で普及しているのは、震災の影響がきっかけだったようです。さらに、健康意識の高まりも相まって、今後ますます市場規模や購入率は伸びていくと予想されます。また、毎日美味しい水を飲ませてくれるサーバーは、私達一人一人が水を大切にしなければならないという事にも気づかせてくれます。知られざるウォーターサーバー業界の将来性についてご紹介します。

ウォーターサーバーの需要の高まりで、市場規模は大きくなった

ここ十数年程で、日本人の水への意識は確実に変わってきました。水道管の劣化問題を指摘された事が、この意識の高まりに繋がったように感じます。

また近年では震災の影響で水不足に陥り、更には原発による水質懸念問題も浮上し、従来のように水道水だけに頼った生活で大丈夫なのかと不安に感じ始めた人も多かったと思います。加えて、水を飲む行為自体も見直されてきました。

水を飲む事は単なる渇きを癒す為だけではなく、健康活動やダイエット効果も促すのだといった宣伝が様々な媒体を通して指摘されていますね。ミネラルウォーターの販売数やウォーターサーバーの普及率は確実に伸びていると言われており、特にウォーターサーバーは今後も市場規模の拡大が予想されます。

ウォーターサーバーの気になる市場規模は?

ミネラルウォーターの販売数はここ数年、安定化の傾向にあるようです。ミネラルウォーターの購入が著しかったのが震災直後で、当時は備蓄用として大量のミネラルウォーターを購入する人もいたので、当然の伸び率であったかと思います。しかし、ここ数年でようやく安定化してきたのか、ミネラルウォーターの売上はほぼ横ばいとなってきています。

一方、ミネラルウォーターとは打って変わって、ウォーターサーバーの売上は今後もまだまだ伸びるという予測がされているようです。ここ数年を比較しても、ウォーターサーバーの市場規模は前年に比べて30%程も伸び続けており、一層注目をされている業界のようです。それだけ人々の水への関心が高まってきているという証拠でしょう。

また、災害時に少しでも飲用水が出るサーバーは、人が集まる施設には欠かせない機械となってきました。

ウォーターサーバの将来性について

今後もその市場規模に期待が掛かるウォーターサーバーですが、将来的にはどのような形をとっていくのでしょうか。公共の施設だけでなく、各家庭にも普及が進んでいるウォーターサーバーは、災害時に備蓄される飲用水と共に、救助が来るまでの生命線となり得るかもしれません。

例えば、サーバーが緊急時に災害モードになり、外部へ救命を知らせる機能がついているとすると、サーバー一つで救える命が増えるかもしれません。また近年では、デザイン性にも特化したタイプが売られるようになってきました。

今後は、部屋のインテリアの一環として、よりスタイリッシュな外観になっていきそうです。サイズも一層小型になり、持ち運びが簡単に出来るようになれば便利ですよね。このように、ウォーターサーバーにはまだまだ未知なる可能性が秘められているように思います。

私達は日々何かしらの水分を摂って生きています。皆さんは毎日何を飲みますか?お茶、ジュース、水などがありますが、中でも水は時と場合を選ばず私達に潤いと健康を与えてくれます。日々の生活は飲む水によってできているといっても過言ではありません。

美味しい水を飲みたい、という人々が増えてきたお蔭で、ウォーターサーバーの市場規模は今後もますます増えていきそうです。ウォーターサーバーの普及が高まれば高まる程、水道水の水質も高まり、また同時に私達が出す生活排水への水質汚濁についての意識の高まりにも繋がりそうです。美味しい水を飲むには、まず自分達の生活を見直す事から始めていきましょう。

この記事をシェアする