• > 
  • ウォーターサーバーの維持費用

ウォーターサーバーの維持費用

ボトル型ウォーターサーバーの維持費

まずはボトル型ウォーターサーバーの維持費から見ていきたいと思います。そもそも維持費とはどの料金のことを指すのでしょうか。パッと思い付くのがサーバーのレンタル料とお水の購入代金だと思いますが、その他に電気料金、メンテナンス料金が掛かります。それぞれの料金はメーカーによって様々です。

レンタル料無料のメーカーが最近増えており、コスト競争は激しそうですが、月々のトータルで見るとそんなに大きな差はありません。平均すると4千円から5千円の範囲で収まると言えます。それでも細かく調べると、電気料に倍くらいの差があったり、配送されるお水も天然水とRO水とで値段に差があったりと、利用する頻度や水の量によっては損したり得したりすることもあるようです。各メーカーの料金を比較したサイトもあるので、自分の生活スタイルに合わせて料金タイプを選ぶことも大切です。次に水道水直結型と比較してみましょう。

水道直結型ウォーターサーバーの維持費

前述でも何度も説明している通り、ボトル型と水道直結型ウォーターサーバーの大きな違いは、お水を購入するか、自宅の水道水を使うかです。単純に考えると、ボトル型で掛かる費用のうち、お水の購入代金と宅配料を抜いた金額が水道直結型の維持費になります。宅配料は無料のメーカーがほとんどなので、その場合は水の代金だけ引けばいいのです。

それに公共の水道料金をプラスした費用が水道直結型タイプです。水道料金は住んでいる地域によって異なるので、一概には言えませんが、ボトルで毎月お水を購入するよりははるかに安く抑えられると思います。その分を、水素水サーバーや放射線除去サーバーへの費用に当てて、より良いお水を手に入れることも可能かもしれません。

ウォーターサーバー維持費は生活費

水道水型にしてもボトル型にしても、ウォーターサーバーの維持費に関しては、自身の生活パターンを考慮するだけでなく、毎月発生する家庭の生活費の一部として、しっかり考えなければいけません。なるべく安いことに越したことはありませんが、料金のことだけを優先して、満足のいくお水が得られなかったり、メンテナンス料金を省く理由でサーバーを放っておいたりしてしまっては、せっかく高濃度の成分が入ったお水が本当にただの水の泡になってしまいます。

安全なお水で自分や家族をどう変えたいのか、よく考えてみてください。人間の身体の6割以上が水分から出来ていると言われています。健康になりたい、体質を変えたい、ダイエットをしたいと思っている方に一番手っ取り早い方法は水を変えてみることかもしれません。生活に潤いを出すために、より綺麗な水を利用することをおすすめします。

この記事をシェアする