• > 
  • 一人暮らしは水道水よりウォーターサーバーの方が得なのか

一人暮らしは水道水よりウォーターサーバーの方が得なのか

ウォーターサーバーというと、やはり家族世帯でよく使われているイメージがあります。その家の奥様のこだわりであったり、小さいお子さんがいて水や食べ物に気を付けている家庭だったりという場面が思い浮かばれます。何となく一人暮らしにはあまり関係がないものだと思われがちなウォーターサーバーですが、本当に不要なのでしょうか。もしかしたらウォーターサーバーを使った方がお得かもしれません。

一人暮らしはお水にお金を掛けていない?

一人暮らしの方々にウォーターサーバーの人気がない理由は、やはり維持費などの料金に関する面が大きいのではないかと思われます。そこまで水にこだわってもいないし、高い料金を払ってまで設置する必要はない、と考える方が多いように思います。

一人暮らし世代というと、まだ若い方がほとんどでしょうし、お水にお金を掛けるよりもっと他のことにお金を使いたいお年頃なので仕方ないのかもしれません。しかし、本当にそうでしょうか?

職場や自宅で飲用している水は水道水でしょうか。その都度市販の水を購入していたり、2Lのペットボトルなどが常備されてはいないでしょうか。今の時代、水道の水をそのまま飲んでいる方は少ないと思います。お金を掛けていないつもりでも、実は食費や必要品の一部として、水代は常にお財布から出しているのかもしれません。

実はウォーターサーバーはかなりの節約になる?

では、独身のサラリーマンを例に挙げてみましょう。まず、毎朝出勤前にコンビニで水やお茶などの500mlのペットボトル飲料を2本購入しているとします。そして会社帰り、今度は自宅で飲む飲料を数本購入し、時にはアルコール類も買います。1本あたりの値段が100円としても、一日で平均400円から500円くらいは飲み物代として消費しているわけです。これを一カ月分で換算するとざっと見積もっても1万円は超えていることになります。

これをウォーターサーバーと置き換えた場合、どちらがお得でしょうか。もちろん、ジュースやアルコール類などはサーバーでは代用できないので、全ての飲料代がサーバーで補えるわけではありません。それでも、サーバーの維持費や水道水の料金と比べた場合、かなりの節約になるのではないでしょうか。

毎日のコンビニ通いは高い固定費

ウォーターサーバーにも種類がいくつかあります。ペットボトル交換タイプや水道水直結型などが挙げられますが、ペットボトルタイプだと交換時の受け取り時間や設置場所の確保も必要になりますので、それらの可否も事前に考えなければいけません。また、ペットボトルの水代と、通常の水道代とでコスト的にはどちらが得なのか、なども考慮する必要があります。家族世帯と違って、一人暮らしであれば水を使う頻度も量も圧倒的に少ないはずなので、ウォーターサーバーを設置したからと言って極端に料金が跳ね上がるわけではありません。

まずは、普段自分が飲み物にいくらお金を掛けているのかを計算してから、ウォーターサーバーを使った場合と比較してみてください。日常で使っている昼食代や飲み物代などは、一度に使う金額が高くないので「いつものこと」と思いがちですが、月単位で見てみるとかなりの金額になるはずです。実は、それらが「毎月の高い固定費」だったりするのです。

固定費を見直すことが節約への一歩だとよく言われます。削れるところは削って、更に健康的に美味しい水が手に入るのですから、一人暮らしの方こそウォーターサーバーを使うべきなのかもしれません。ただ、一人暮らしのネックは家族世帯よりも家が狭いことにあります。

一人暮らしのウォーターサーバー生活で気を付けることは、意外と存在感を放つウォーターサーバーの設置場所を確保できるかどうかと、コストの面です。もし、普段から水道水でお茶を沸かして会社に持って行って節約しているような方であれば、水道水直結型のサーバーが向いていると思われます。いくら差がでるのかよく考慮してから選択すると良いでしょう。

この記事をシェアする