• > 
  • ウォーターサーバーを設置すべき場所とは

ウォーターサーバーを設置すべき場所とは

設置場所を予め決めておこう

冷水、温水をいつでも飲む事が出来るウォーターサーバーのお水ですが、自宅のどこへ設置しても良いと言う訳ではありません。高さや幅もありますし設置に向いている場所、そうでない場所がありますので今からレンタルを検討されている場合は、まず設置場所をシミュレーションしておくのが良いでしょう。

またボトルを設置するタイプ、卓上型と形式もいくつかありますので、それに見合ったスペースを確保する必要もあります。水道水を利用している時には気にする事が無い悩みかも知れませんが、これらをしっかりと検討した上で導入すると後々のトラブルを回避する事が出来ますし、契約の際に担当者へ事前に相談しておくのも良い方法だと言えるでしょう。

ウォーターサーバーってどんな形があるの?

ポピュラーな床置きタイプ

自宅にウォーターサーバーを設置する際に、どの形状にするか迷う事が多いと思います。その形状に関してですが、最もポピュラーだと言われているのが床置きタイプです。大きさはメーカーによっても異なりますが高さが1m程でA3用紙を広げたくらいのものが殆どだと言えるでしょう。

これはある程度の重さがあるので、安定感がありお子様が倒してしまう事もなく安全です。但し水道水の様に簡単にお水を出す事が出来るので小さな子供やペットが触らない様に工夫しましょう。


ボトルにも種類があるんです

水道直結型のタイプであれば、水道水をろ過するので関係はありませんがボトルタイプのウォーターサーバーにはいくつかの種類があります。まず大まかに説明すると使った後に回収するタイプと、そのまま捨てるタイプです。前者は業者を呼んでお水を入れてもらったり、新しいボトルを購入する時に引き取ってもらいます。

後者はそのまま家庭ごみとして出す事が出来ますが、どちらも手間がかかりますのでやはり水道直結型が最も良いと思われます。

卓上なら省スペース

一人暮らしの場合や、設置場所にあまり余裕が無い場合にお勧めなのが卓上型です。テーブルやシンクの上に設置する事が出来るので床置き型の様なスペースは必要ありません。またよく利用するテーブルの上にあると作業をしながらお水を飲む事が出来るので、水道水の様に態々キッチンまで移動する必要もありません。

但しこのタイプのウォーターサーバーは施工工事の際に、ある程度設置する場所が限られてしまう場合もあるかもしれないので注意が必要です。

設置する際に注意すべきポイント

皆で飲むお水だから

タイプや形状がわかったなら、今度は実際の設置場所を決めなければなりません。調査によると、一般家庭でのウォーターサーバーの設置場所はリビングやキッチンが多数を占めている様です。水道水と同じ様に飲んだり、生活水として利用するので当然の結果だと言えるでしょう。キッチンで料理をする際に、ウォーターサーバーからのお水を使ったり晩酌をする際にサッと冷水を出す事が出来ると便利ですよね。他にもどの様な設置場所があるのでしょうか。

生活に合わせて設置

ホテルに宿泊した時に、ベッドルームにウォーターサーバーがある時があります。スタイリッシュに見えますし、寝起きにおいしいお水を飲む事が出来るって幸せですよね。それを真似て寝室に設置される方もいらっしゃる様です。よく運動をする場合は、その部屋に設置したり自宅に複数のウォーターサーバーを設置する方も少なくありません。手軽にお水を飲むと言う事は水道水の場合では真似できない、サーバーだけの大きなメリットです。

こんな場所には向きません

ウォーターサーバーはリビングや台所、寝室と場所を選ばない様に見えますが向いていない場所もあります。例えば畳間などの和室は湿気が多いと傷んでしまいますし、直射日光があたる場所は水質が悪くなってしまいます。水道水であれば塩素が入っているのでその点は問題ありませんが、ウォーターサーバーをレンタルする際にはこれらに気をつけましょう。また土台が安定していない場合も、思いがけない事故を引き起こしてしまう事もあるので厳禁です。

日頃から清潔にしておきましょう

放っておくと雑菌が!

レンタルしてしばらく経過するけれど、前よりもお水に臭いが出てきたら、もしかするとサーバーの中に雑菌や汚れが溜まっているのかもしれません。ウォーターサーバーのお水は水道水と違って、塩素が入っていません。その為、雑菌が入り込んでしまった場合にダメージを受けやすくなってしまうのです。安全な水であるがゆえの弱さだと言えるでしょう。特に天然水やRO水は、身体に優しいお水である為に外部からの刺激に弱いと言う特性があります。

手入れをすれば長持ち

お水の味が変わってしまった場合や、臭いが気になる場合はまず自分で出来る範囲で構わないので清掃をしましょう。受け口や蛇口周辺を洗うだけで違いますし、サーバーのタンク内は汚れやすいので日頃から清掃をする癖をつけると良いでしょう。水道水をろ過する直結型なら、塩素やカルキがフィルターに付着する事もあるので定期的な交換が必要です。ウォーターサーバーを日頃からキレイにしておく事で、長く安全なお水を飲む事が出来ます。

自宅の手入れと併用が吉

長年清掃をしていないウォーターサーバーを、いざ手入れしようとなると素人では難しい事もあります。そんな時は思い切って業者へ清掃の依頼をかけるのが良いでしょう。業者なら専用の器具を使い、キレイに清掃してくれますし分解しないと分からない汚れまで見つけてくれます。せっかく水道水からサーバーをレンタルして切り替えたのに、雑菌だらけのお水なんてもったいないと思いませんか。業者と自宅での併用しての清掃が長持ちのコツだと言えるでしょう。

この記事をシェアする