• > 
  • 水道水を飲むことは体に良いこと?

水道水を飲むことは体に良いこと?

皆さんは水道水を飲んでいますか?日本の水道水は高度な安全検査をクリアしているので、水自体には弊害は無いようですが、水道水を飲むことには多くの危険も潜んでいるようです。また、特有の匂いや味に少し抵抗があるといった人も多いのではないでしょうか。ここでは、水道水を飲む事のメリット面とデメリット面を理解した上で、水道水をどう利用すればいいのかについて考えてみましょう。

水道水を飲む&使うメリットって?

日本では水道水の安全基準はかなりハイレベルに設定されていますから、たとえ直接飲んでも安全であるという事は立証されています。では水道水を飲むメリットとは何かあるのでしょうか。実は、水道水の成分はミネラルウォーターとあまり変わりません。こういった点からもミネラルを補給する為には水道水を飲むというのは手軽で効率よい方法ですので、水道水の利点であると言えるでしょう。

ミネラルウォーターは外へ買いに行かなければなりませんが、水道水ならば簡単に飲めますよね。また日本の水道水は断水といった影響も受けにくく、完備されていますので、料理やシャワーといった全ての生活面で使用が出来ます。私達の生活を支える水道水は、日本の高い技術力によって成り立っているのです。

水道水を飲む&使う上でのデメリットとは?

一方で、水道水を飲む、または使う上でのデメリットは何でしょうか。周知の通り、水道水には、殺菌の為の塩素が一定量含まれています。飲んで健康に害が無い程度ではあるようですが、純水と比べるとやはり味の変化は否めません。特に水道水を飲む事に抵抗を感じている人にはより一層不味く感じられるでしょう。

また、いくら安全とは言え、健康に注意を払っている妊婦や赤ちゃんには水道水の飲用はやめておくべきでしょう。水道水は塩素の匂い以外にも水道管の錆の匂いや汚れが付着している可能性も大いにあります。特にマンション等に住まわれていれば貯水槽の汚れも水道水の味に変化を及ぼす原因となります。いくら水道水の品質が高くても、それを通す道が劣化していれば意味がありませんし、個人で解決できる問題ではありません。

水道水を飲むと健康的?

前述のように、水道水を飲むという事自体には、直接的な健康侵害がある訳ではないようですが、やはり塩素による匂いは気になります。また、水道管や貯水槽が汚れているならば、やはり水道水を飲むのは気が引けてしまうものです。

しかし、水を飲む事自体にはたくさんのメリットが存在します。成人の体の約80%が水分量であるといわれており、その内のたった2%が失われると脱水症状を引き起こすとされています。一日に飲んだ方が良いとされている水分量は2l~2.5lと言われていますが、それは排泄や発汗作用でそれ程の水分量が失われていく為に、足りなくなった分を補給しなければならない量であるためです。

逆を言えば、水分量が下がれば上手く排泄や発汗が行われなかったり、健康に様々な障害が起こる可能性があるという事です。

水を飲む事はただ渇きを癒す為ではなく、目や鼻の粘膜に潤いを保ち、肌などの保湿にも繋がります。また特に現代の食生活や不規則な生活を送っていると、ドロドロになりやすい血液やリンパ液も、水分をたくさん摂る事でサラサラになり、体を巡りやすくしてくれます。

周知の通り、血液は様々な栄養や酸素を体中に運び、リンパは滞ると浮腫みの原因になります。普段は意識をして摂取しない水分ですが、少し意識をして飲むだけで健康維持に繋がる大事な存在なのです。水を飲まなければと思って、ミネラルウォーターを毎日買うというのも大変ですよね。といっても水道水を飲むのも抵抗があります。そこで、身近な水道水に直接取り付けるウォーターサーバーをおすすめします。毎日手軽に健康維持が出来るのは魅力的だと思いませんか?

この記事をシェアする