• > 
  • 実は危険なミネラルウォーターもある?水道水と比較してみた

実は危険なミネラルウォーターもある?水道水と比較してみた

みなさんは、水道水を直接飲み水として利用していますか?水道水は、お風呂や洗い物などに使うものとしていて、直接は飲みたくないという方もいるのではないでしょうか。

飲み水は、ミネラルウォーターをスーパーやコンビニで購入することにしている方も多いかと思います。そのほうが、安全安心で、おいしいと思っているでしょう。しかし、実はミネラルウォーターでも危険なものがあるようです。安全だと思っていたのに、なぜ危険なのかご紹介します。

水道水とミネラルウォーターの基準の違いは?

日本で販売される食べ物や飲み物には、基準があります。わたしたちが安全で安心して体に入れることができるように、食品衛生法という法律で基準が定められているのです。もちろん販売されているミネラルウォーターも基準に沿って、製造、販売されているのです。

ミネラルウォーターの場合は、18項目の成分において基準値が設定されています。細菌や水銀、ヒ素や鉛など、わたしたち人間の体に過剰に摂取されてはいけないものが、多くならないように設定されているのです。しっかりと基準が設定されているというのは、安心ですね。

水道水にはどのような基準が設定されているのかも調べてみました。水道水の場合は、水道法によって基準が定められているそうです。そして、なんと水道水の場合は51項目の成分に対して基準値が設定されているのです。18項目の約3倍ほどの数ということになります。さらに、その基準値の数値においても水道水のほうが厳しくなっています。

水道水は安全?

水道水には、51項目もの成分に対して基準値が設けられていることがわかりました。基準値の数値もミネラルウォーターより厳しいです。定められている基準は厳しいですが、実際に水道水は安全なのでしょうか。

結論は、水道水は安全だとは言い切れないということがわかりました。水道水が危険な理由として、残留塩素の問題があります。日本の浄水場では水をきれいにするために塩素が使われているからです。塩素が消毒に使われているということはご存知の方も多いでしょう。必要不可欠なものですが、わたしたちに悪影響を与える可能性があるのです。

例えば、人間の皮膚や髪の毛を傷めてしまいます。また、塩素によって、有害物質が生成されてしまう可能性もあるそうです。トリハロメタンという発がん性物質も生成される可能性があります。水道水を大量に摂取して絶対にがんになるということはありませんが、がんのリスクが高まることは覚えておきましょう。

ミネラルウォーターは安全?

水道水もなんだか危険な感じがしてきましたね。では、やはりミネラルウォーターのほうが安全なのでしょうか。基準としては、18項目しかないので、51項目もある水道水より厳しくはありません。その他にもミネラルウォーターには身体に心配な成分もあります。その成分とは、硝酸態窒素です。あまり聞きなれないものですが、どんなものなのでしょうか。
硝酸態窒素は、体の中に入った場合、酸素欠乏症になったり、発がん性物質を生成したりする可能性があるものだそうです。また、赤ちゃんの飲むミルクを作るときに、硝酸態窒素が多く含まれているミネラルウォーターを使うことはとても危険です。チアノーゼという病気を発症させてしまうのです。チアノーゼとは、手足や唇などが青白くなるもので、酸素が足りなくなってしまうことにより起こるものです。チアノーゼが続くと、心臓や呼吸器などにまで問題が出てしまうこともあります。したがって、ミネラルウォーターも一概には安全とは言えないようです。

この記事をシェアする