• > 
  • 水道水の成分、何が含まれているかご存知ですか

水道水の成分、何が含まれているかご存知ですか

水道水に含まれる成分にはどのようなものがあるのでしょうか。水道水を直接飲めば健康にどういった影響が及ぶのでしょうか。ウォーターサーバーを取り付けた方がやはり安全なのでしょうか。普段あらゆる事に利用する水道水ですが、知らないことだらけだと思います。

まずは水道水の成分について説明しましょう。実はこの水道水、ミネラルウォーターとほぼ変わらない成分構成でできているようです。

水道水の主成分って何?

ウォーターサーバーや浄水器が各家庭に増えてきた事と同時に、水道水を直接飲む事に対してあらゆる疑問が浮上してきたと思われます。特に多くの人が気にしているのが水道水の安全性についてです。そもそも水道水の成分は一体何なのでしょうか。実は水道水はナトリウムやカルシウム、カリウム、またマグネシウムといったミネラルウォーターとほぼ変わらない成分が含まれているのです。

この上に、下水道の水を殺菌する為に用いられる塩素等も入っています。ナトリウムやカリウムは健康を維持する為に必要な成分と言われていますので、そういった点では水道水はミネラルウォーターとほぼ変わらない水であると言えます。しかし、塩素が含まれているという事実はどうしてもマイナスイメージに繋がってしまいますよね。

水道水の成分は悪い物が含まれている?

まず始めに、水道水を飲んだからといって急に健康に害が及んだりする事はありません。日本の水道水は世界レベルで考えてもトップレベルで安全ですし、高品質が保障されています。そうであるにも関わらず水道水が疎まれてしまう多くの理由としては、カルキの匂いがきつい、といった意見によります。

実際にミネラルウォーターと飲み比べてみても、特別塩素(カルキ)の匂いがきついと感じる事は少ないとは思うのですが、水道水=塩素がたくさん含まれている、というイメージが先行してしまっているのでしょう。水道水の成分に含まれている塩素に加え、水道水はたとえ水自体がキレイに浄化されていても、錆びた水道管を通ってきているというイメージもあり、水道水は不味いというイメージを助長させてしまっている気もします。

それでも水道水の成分は健康に害を及ぼすの?

水道水の成分として含まれている塩素について、もう少し深く説明したいと思います。水道水における塩素は、ただイメージが先行しているだけなのだろうか、では健康に全く害は無いのか、と言えばそれもまた違います。家庭から出た生活排水を飲み水にまで変えてくれる塩素は、凄まじい殺菌力を持っていますので、それを体内に入れるとなると、やはりリスクはついてくるようです。

例えば塩素にはトリハロメタンという発癌性物質を生み出す要素を持っているという事実をご存知でしょうか。また塩素はアトピーを治り難くする作用を持っていたり、食物が持っているビタミンを破壊したりといった作用まで引き起こすようです。水道水なんて危険で飲めない!と思ってしまうかもしれませんが、勿論、健康に害が出ない程度の塩素濃度ですので安心して下さい。

そうは言っても、こう塩素の力を聞いてしまえば水道水ばかり飲むというのは気が引けますよね。

水道水の成分がミネラルウォーターとあまり変わらないと聞いて、意外だと感じた人も少なくないのではないでしょうか。水道水=不味いというイメージはもはや過去のもので、蛇口から出る水道水を直接飲んでも何の害も無い程安全な水だと言えます。しかしやはり殺菌作用の塩素は入っていますので、匂いや味が気になってしまうという人もいるでしょう。

それならばウォーターサーバーを取り付けてみた方が良いかもしれません。どれだけ数値で安全であると示されていても、自分が納得できる水であるという点が大事です。飲んでみて、「美味しい」と思える水こそが、自身の健康にプラスに働いてくれるのです。

この記事をシェアする