• > 
  • ウォーターサーバーの料金は水道水と比べてどうなのか

ウォーターサーバーの料金は水道水と比べてどうなのか

ウォーターサーバーは現在、様々なメーカーから登場しています。業者によって特徴や効能、料金設定もそれぞれ異なり、その分消費者側が吟味しなければいけませんが、消費者にとって最も重要視する箇所はやはり料金でしょう。安くて質の良い水を手に入れることができれば、それに越したことはありません。それぞれのウォーターサーバーを利用量、料金などで比較してみます。

ペットボトル交換タイプのウォーターサーバーについて

まずはペットボトル交換式のウォーターサーバーからです。料金比較の前にペットボトル式のサーバーについて少し説明します。このタイプのサーバーは、水道水から繋ぐのではなくその都度業者からペットボトルを交換して水を補給してもらう必要があります。最近では水道水直結型のサーバーが増えてきていますが、まだまだ一般的なウォーターサーバーと言えるでしょう。ペットボトルの水の種類も、通常の水をフィルター処理したRO水と、自然の天然水とで選ぶことができ、料金にも差があります。また、設置するサーバーはレンタルとして月々の料金を支払うシステムが一般的ですが、業者によっては本体自体を購入することも可能です。どのくらいの使用期間にするのかで、レンタルと購入でどちらがお得かが決まってくると思います。

賢く選ぼう!ウォーターサーバー料金比較

ペットボトル交換タイプのサーバーは、残量を自分で確認しながらその都度業者に運んでもらうシステムになっています。ペットボトルの容量は12Lのものが多いようです。各社それぞれ差はありますが、RO水だと1本あたり約1200円から1300円、天然水だと1600円から2000円位のものが一般的です。ペットボトル水の料金にプラスして、サーバーのレンタル料とメンテナンス料金、月々の電気代が掛かることも忘れてはいけません。電気代もメーカーによってそれぞれですが、安い会社で約400円、高めのところだと1000円くらいは毎月掛かってしまうようです。そして最近では嬉しいことに、レンタル料金やメンテナンス料金を無料にしてくれるメーカーが増えてきているのが特徴です。無料のところを選べば、発生する料金は使用するペットボトル代と電気代だけになります。

水道水直結型とペットボトルサーバーの比較

サーバーレンタル料が無料のメーカーを選んだ場合、ペットボトルを毎月3本頼んだとしても電気代と合わせれば6000円~7000円くらいは月々掛かることになります。では、水道水直結型のウォーターサーバーはどうでしょうか。水道水直結型のサーバーレンタル料、メンテナンス料も無料のところがほとんどです。水は、水道の蛇口から直接引っ張ってくるので掛かる料金は水道代だけです。そうなると、サーバー使用として実際に発生する料金は電気代だけになります。水道水直結型サーバーを設置したからと言って、使用する水道水の量は変わらないので月々の水道代が高く跳ね上がる心配もありませんし、トータルで見てペットボトル交換タイプよりはかなりお得になると思います。水道水直結型の人気が出てきた理由として、この料金の安さが第一に挙げられるでしょう。

他にも、水道水直結型ウォーターサーバーにはメリットが沢山あります。ペットボトルタイプだと、自宅の玄関までは業者に運んでもらえても、交換作業は自分で行う必要が出てきます。かなりの重さがあるため女性一人で交換するのは困難です。一人暮らしだったり、日中小さい子供の面倒を見ながら家事をこなしたりしている女性などには特につらい作業になります。そういった点でも水道水直結型サーバーは、安心で且つ楽ができるのです。その上料金もお手頃となれば、やはり次世代ウォーターサーバーと言われている水道水直結型サーバーに人気が集中してくるのは当然だと思います。使いやすさと料金をよく考えて、自分に合うサーバーを選びましょう。

この記事をシェアする