• > 
  • ボトル式ウォーターサーバーを徹底比較!

ボトル式ウォーターサーバーを徹底比較!

ウォーターサーバーの利点として、ボトル単位で毎月配達してくれるため、わざわざ水を買いに行く手間が省けるということがあります。ボトルを貯めておけば、万が一の非常時にも安心して水を飲むことができます。

ボトル式ウォーターサーバーを提供しているところは多くあり、同じようでいて各社条件がちがう場合があることはご存知でしょうか。ボトル一つとっても、毎月頼まなくてはならない量が決まっていたり、ボトルを家庭ゴミとして出せるかなど、継続して使う場合気にしておきたい点がいくつかありますのでご紹介します。

ボトル式ウォーターサーバーの業者はどれくらいいるの?

水の安全性に注目が集まる昨今では、ボトルで新鮮で美味しい水を配達してくれるボトル式ウォーターサーバーを提供している会社は多くあります。比較サイトだけを見ても、さまざまな利点をもったウォーターサーバーを提供している会社が20以上の会社あるのがわかると思います。

提供している水の種類一つとっても、天然水かRO水か、天然水であってもどこの産地のものを選ぶか、などでも選ぶことができます。平均注文本数や値段を見ることも基本ですが大切なことです。会社によって初期費用無料のところや、初回はボトルを無料でつけてくれるなど、サービスも多種多様なものが揃っていますので、自分の家庭の状況や使い道などによって多くある会社のなかから慎重に絞っていきましょう。

どのような特徴があるのか比較してみよう

各社を比較する際、どういった点に注目していけばよいのでしょうか。

まず目がいくのが値段です。良くウォーターサーバーのレンタル無料というフレーズを見かけますが、これだけで決めるのは後悔してしまう可能性があります。レンタル無料の一方で、ボトルを頼む量が決まっていたり、メンテナンスにお金を払う場合があるからです。特にボトルの制限には注意をしておく必要があります。自分が使う量を超えて頼む必要がある場合は、いくら安いとしても水やお金が無駄になってしまいますので、使用料と合わせて無理のない範囲で予算を考えておく必要があります。

各社の水の種類も比較しておきましょう。比較サイトなどでも目にするのが天然水かRO水かといった記載ですが、RO水というのはRO膜処理を施して不純物を取り除いた水のことを言います。RO水は天然水と違い、採水地が特定されないので人工的につくることが出来ます。そのため、天然水よりも比較的安価で手に入るという利点があります。

自分の家庭にウォーターサーバーを置くシミュレーションをしておき、各社のメリットとデメリットを考えておく必要があります。

自分に合ったウォーターサーバーの業者を探すには

ウォーターサーバーを提供してくれる業者が多いと、とにかく迷ってしまうかたもいると思います。

そんなときに見ておきたいのが比較サイトです。価格を比較するサイトから、赤ちゃんがいる家庭におすすめのウォーターサーバーをまとめているサイトなど、目的別にまとめているものが多く見られます。

比較サイトを見る前に自分がウォーターサーバーをどういった目的で使いたいのかを明確にしておきましょう。健康維持のためにおいしいミネラルウォーターを楽しみたいのか、育児のために役立てていきたいのかなど、家庭によって多種多様な目的があると思います。使用用途が複数ある場合は、オールマイティに対応してくれるウォーターサーバーを探しておく必要がありますので、どちらにしろ目的をはっきりさせておくことは導入において大切なことの一つだと言えます。

まとめ

ボトル単位で毎月水が提供されるのはウォーターサーバーの利点の一つです。会社によってはウォーターサーバー代のレンタル料が無料である代わりに毎月頼む水の量が最低限決められている場合もありますので、無理なく使い続けるためには、そういった点も気にしておく必要があります。

多くて選ぶことができないという方は、まず自分の家族構成と水を使う目的や量、費用はどのくらいで考えているかなどをまず書き出しておくことが大切です。

この記事をシェアする