• > 
  • 水道水直結型ウォーターサーバーの特徴を知ろう!

水道水直結型ウォーターサーバーの特徴を知ろう!

最近では水道水直結のウォーターサーバーを取り付けている家庭が多くなっているようです。またサーバーの取り付けを検討されている人も多いようですが、サーバー本体の仕組みを理解していなければ不衛生なウォーターサーバーになってしまいます。取り付け型のサーバーの工事の内容は?どれぐらい工事費が掛かるの?メンテナンスは必要?といったウォーターサーバー本体に関する疑問点を見ていきましょう。

水道水直結型ウォーターサーバー本体の造りって?

水道水に直接取り付けるタイプのウォーターサーバーはどういった造りになっているのでしょうか。毎日美味しい水が飲めるウォーターサーバーは本当に便利ですよね。水道水直結型は利用しやすいですが、どういったシステムで水道水をろ過しているの?と疑問に思う人もいると思います。

サーバーのメーカーによってろ過装置に違いはありますが、基本的にウォーターサーバー本体には高機能フィルターが取り付けられており、そのフィルターを通す事でカルキや細菌、またウィルスといった目に見えない不純物が取り除かれ、純粋なお水が出てくるというシステムです。近年におけるサーバーのろ過システムは素晴らしく、たとえ牛乳であっても純水に換えられる程のろ過力なのだそうです。またウォーターサーバーは冷水や温水が選べられるのも嬉しいシステムですよね。

ウォーターサーバー本体の取り換え時期ってあるの?

据え置きタイプではボトルの交換やメンテナンスによって新しいサーバーに取り換える事があるようですが、水道水直結型のサーバーも定期的に取り換える必要があるのでしょうか。水道水直結型のサーバーも、他の据え置きタイプと同様に定期的にメンテナンスが必要になってきますし、本体中にあるフィルターやタンク内の清浄は、毎回ボトルを交換するだけの据え置きタイプよりも慎重に行わなければならないようです。

パーツを外し、清掃を全て自分で行えれば楽ですが、機械内の事やフィルターの交換は素人では難しいので、メーカーによるメンテナンスサービスを受けましょう。折角美味しい水が飲めるのに、サーバー本体が汚ければ意味がありませんよね。常に清潔なサーバーを保ちましょう。

ウォーターサーバー本体の工事費用ってどれぐらい?

水道水から直結してウォーターサーバーを取り付けてみたいと思ったものの、やはり気になるのは初期工事費用や月々に掛かる料金ですよね。工事費用は、勿論メーカーによってもプランによっても違いがありますが、大体一万円代で工事出来るようです。工事内容はキッチンの水道管から水が通る分岐点を作り、ウォーターサーバー本体に直結する用の管を作るというもので、時間もそこまで掛かりません。

また、中には工事費が無料であるというメーカーもあるようで、工事費無料の場合には月々のリース料に初期費用が上乗せされるようです。月々のリース料は大体四千円前後というメーカーが多いようです。工事費用に関しては意外とかからないようですね。

美味しい水を飲む方法にはいろいろな選択肢があります。例えば浄水器を購入したり、宅配性のウォーターサーバーを置いたり、または水道水を工事して自家製のろ過装置型のウォーターサーバーをリースしたりなどが挙げられます。

良い浄水器は市場に多々ありますが、まだ数十万円以上するようですし、購入に勇気が必要です。そんな人は是非リースのウォーターサーバーを利用してみて下さい。特にボトル交換不要のウォーターサーバーは本体を取り付ける工事にそこまで費用も掛かりませんし、安全で美味しい水が飲めますよ。

この記事をシェアする