• > 
  • 赤ちゃんのミルクは水道水で作っても大丈夫?

赤ちゃんのミルクは水道水で作っても大丈夫?

赤ちゃんのミルクを水道水で作るにあたって、必要なのは水を沸騰させて消毒しておくことです。沸騰させて雑菌をなくしておくことで、少しでも不安要素をなくしておきましょう。そこから温度を下げていき、粉ミルクをまぜて、人肌程度に冷ましていく……という過程がミルク作りには必要です。

しかし、一日に何度も作るものにあまり時間をかけたくないという方もいると思います。子育て家庭におすすめなのが、お湯と水を使い分けられるウォーターサーバーを利用してみることです。

赤ちゃんのミルク作りに水道水を使っても良いのか

日本の水道水は世界から見ても厳しい安全基準を満たしており、飲料水としても使えますが、消毒のための塩素が気になるという方もいると思います。浄水施設から各家庭に届くまでをすべて見ているわけではないので、雑菌が入っていないかなど、少し気になってしまいますよね。

特に赤ちゃんのミルクに使う水の場合、雑菌が入っていないかが安全性の面において特に重要な部分になってきます。赤ちゃんのミルクに水道水を使う場合は、水を一度沸騰させてから冷まして使用する方法があります。沸騰させたあと、70度くらいまで冷まし、粉ミルクを混ぜてから人肌程度の温度までボトルに冷水をかけて温度を下げていきます。

この方法ですと、温度管理の面において負担が多くなりますので、最近では、育児にウォーターサーバーを取り入れる家庭も多くなってきています。

どんな水が安全なのか

日本の水道水は世界的に見てもかなり安全性の高い部類に入っていますが、それでも浄水する過程を実際に見ているわけではないので、知識としては知っていても安心できないという人もいると思います。安全な水というのは、人によって基準が異なるものになりますが、安全をお金で買うことも、ときには重要であるということを理解しておく必要があります。

お金をかければかけるほど安全ということではありませんが、お金を払うことによって関心が生まれることは事実です。ある程度のお金を払うとき、それがどんなものであるか、産地や含まれた成分、精製法などを気にしておくことにより、それにかけられた値段の意味を知り、それに見合うよう対価を納得して払うという利点があります。自分が口にするものがどのようなものであるか、知っておくということは知らないというよりも安全で安心なものであるということです。

赤ちゃんに水道水を与えてはいけないのか?

赤ちゃんがいる家庭は、ミルクに使う水は水道水で大丈夫だろうか、と不安になる方もいると思います。結論からいうと、沸騰させたものを使えばそれほど問題はありません。

日本の水道水は、飲料として使えるほど、世界的に見ても安全性の高い水になっています。煮沸消毒をすることによって安全性は高まります。ただ、ミルクを作るにあたって、温度調節をしなくてはならないという点で少し手間がかかります。一度温めたものを人肌程度の温度にして赤ちゃんが飲みやすいようにする必要があるのです。

忙しい合間をぬってこのような作業をしなくてはならないので、時間短縮のためにウォーターサーバーを導入する家庭も増えてきています。子育てをしている家庭におすすめのウォーターサーバーなども各社から提供されていますので、導入を検討してみることもおすすめします。

まとめ

赤ちゃんのミルクはなるべくならミネラル成分の入っていない純水で作ったほうが良いという話があります。粉ミルクにはもともと赤ちゃんに必要なミネラル成分が入っていますので、水で補給する必要がないのです。さらに気にしておきたいのが、赤ちゃんが飲みやすい温度を作ることです。

火傷をさせないためにも、手早く飲みやすい温度で作ってあげられればいいのですが、ただでさえ忙しい子育ての合間に作るのはとても大変です。ミルク作りに時間をとられていることに悩んでいるお母さんやお父さん、この機会に使う水を見直していくことも考えてもいいかもしれません。

この記事をシェアする